◆マーケティング心理学まとめ

WEBライターとは?リアルな裏事情を徹底解説【仕事内容と年収】

ご覧いただきありがとうございます。

江波戸

会社員で複数のメディア統括をしている江波戸(えばと)です。(主にSEO担当)

現役のWebライターとしてライティングやリライトなども行っています。

Webライターとは、Web上に掲載する記事(コンテンツ)をライティングする職業のことを言います。

Webライター歴としては長いので、SEOの知識も豊富なうえ、SEOメインで活躍するWebライターの人材育成なども行っている僕がWebライターについて詳しくお伝えしていきます。

そこで、これからWebライターを目指そうとしている方で、こんな悩みがありませんか?

Webライターってどんなお仕事なんだろう…?

 

Webライターの収入は…?

 

Webライターになるには…?

こんな悩みを抱えている方は、この記事を読めば解消できます。

この記事を読むことで、Webライターのお仕事の理解ができるので、これからWebライターを目指す方にとって、「目指す」or「目指さない」の決断の軸として活用することができるでしょう。

Webライターは、副業で稼ぐことができるうえに、在宅でも仕事ができるので、今の収入に満足してない方や出勤が面倒なので家で作業して稼ぎたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてください!

※ひと目でわかる用語集

SEOとは、“Search Engine Optimization”の略称。Googleなどの検索エンジンに向けてWebサイトやWebページをベストな状態に近づけること(通称:検索エンジン最適化)を意味する。

アルゴリズムとは、WebサイトやWebページの検索順位を自動計算するプログラムのこと。これを理解しておくと、SEOで成果を出しやすい。

ワードプレスとは、世界各国でダントツのシェアを誇る無料で使えるブログソフト(ホームページ作成ソフト)のこと。

フリーランスとは、企業などの組織に所属することなく、個人で仕事を請け負うことを指します。業務委託の場合もフリーランスに値します。

そもそもWebライターとは?在宅でできる?

そもそもWebライターとは?

Webライターとは、Web上に掲載する記事(コンテンツ)をライティングする職業のことを指します。

別名、『SEOライター』や『コンテンツライター』とも呼ばれます。

SEOを意識したライティングができるWebライターのこと。

Webライターは、雑誌や新聞、求人広告などの紙媒体とは違って、Webサイト上でライティングをする必要があります。

そのため、Googleなどのアルゴリズムの理解(SEOの知識)やTwitter、InstagramなどのSNS集客を意識したライティングが求められる職業です。

検索されたキーワードに対して最適な情報を提供するために、検索順位を決めるための手順・ルールを作り、検索結果を表示させる仕組みが出来上がっています。この検索順位を決めるためのルールが「Googleアルゴリズム」

ディーエムソリューションのコラムより

また最近では、自身で執筆したものを有料で販売する『note』が注目されています。これもWebライターという職業の一部と呼べるでしょう。

ここまでお伝えしたことをまとめると、

江波戸

Webライターとは、Web上に掲載する記事をライティングする職業であるため、高校生、大学生、主婦、会社員など幅広い世代が目指せる職業であるということです。

また僕自身も資格を取得しているわけでもなく、実績と成果が残せれば活躍できるので、誰でも活躍できる職業と言えますね。

在宅ライターとして副業でWebライターを目指そうとしている方は以下の記事で詳しく説明しています。

在宅ライターの副業は稼げない!だからこそ月5万円稼ぐまでの方法を徹底解説

続いて、Webライターの仕事内容についてご紹介します。

Webライターの仕事内容は?

Webライターの仕事内容

Webライターが執筆することをWebライティングと言います。

Webライティングの種類は以下のようなものがあります。

  • コラムやエッセイ記事
  • 取材(インタビュー)記事
  • ニュース記事
  • PR記事
  • SEO記事
  • メルマガなどの広告記事
  • アフィリエイト記事

などがあります。

実際には、上記のような種類分けが難しく、もっと幅広い種類のジャンルがあると思ってください。

詳しくは、『クラウドワークス』などで、ライターに求めている仕事は何があるのかを調べてみるとすぐにわかると思います。

PCを持っていて、文章を書くスキルがある程度あれば、誰にでもできる仕事ですが、トレンドに敏感でないと執筆するジャンルにおいては難しいことがあるかもしれません。

初心者・未経験からWebライター目指す方、もしくはスキルアップしたい方におすすめの講座を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【徹底比較】Webライターの講座おすすめ比較ランキング5選【2020年最新】

上記の記事でもお伝えしていますが、講座を受講する必要はないと思います。

なぜなら、働き方を知ることで一目瞭然になります。

次にご紹介するWebライターの働き方を見れば、「講座はいらないや…!」となるので続けて読んで頂ければと思います。

Webライターの働き方

Webライターの働き方は、大きく以下の2つがあります。

  • 企業で働く(正社員、派遣など)
  • フリーランスとして業務委託などで働く

それでは1つずつ詳しく解説していきます。

企業で働く(正社員、派遣など)

僕みたいに正社員として企業で働くこともできますし、派遣で企業に勤めることもできます。

なかにはアルバイトやインターン、派遣、契約社員として働いている学生や主婦もいます。

企業で働くということは、その企業の自社メディア(オウンドメディア)の商品やサービスなどの記事を執筆することをイメージしてもらえればわかりやすいかと思います。

オウンドメディアとは、自社発行の広報誌やパンフレット、インターネットの自社ウェブサイト・ブログなど、企業や組織自らが所有し、消費者に向けて発信する媒体を指す。

Wikipediaより

メディアを運営している企業が増えてきたことにより、『マイナビ2020』や『リクナビ2020』などの新卒向けの転職サイトでもWebライターの求人が掲載されるようになりました。

ここでこれから就活を始める方向けに、メディア運営者である江波戸から就職を成功させるアドバイスをさせて頂くと、

江波戸

Webライターとして就職を成功させるコツは、実績を残しておくと良いです。

効果的な方法として、学生時代に個人ブログを立ち上げて、

「ワードプレスを使用し、個人ブログを立ち上げて、月に◯万PVのアクセスがありました。」

と伝えることができれば、信頼性も高まりますし、それなりの実績があるので優遇されるのは間違いないです。

「初心者のブログガーさんが今後Webライターになりたいか?」というアンケートをTwitter上で取ったのですが、以下のような結果になりました。

この結果から、Webライターも視野に入れてブログ運営をしている方が半数いることがわかりました。

すでに「Webライターとして就職したい!」という方がいれば、就職をスムーズに成功させるためにも、実績作りから始めることが必要です。

実績を作る前に!アピール方法を伝授

ただライターでも、先ほどお伝えしたようにジャンルが多種多様です。

「ユーザーに寄り添った文章を書きます。」

このようなアピールをするWebライターが多いですが、雇い主がどういうWebライターを欲しているかによって、そのアピールが効果的なのかもしくは効果が全くないのかが分かれてきます。

例えば、SEO記事をライティングしているWebライターをクライアントが欲しているのにも関わらず、

「ユーザーに寄り添った文章を書きます。」

と言っても全く効果がありません。

厳しいことを言いますが、ユーザーに寄り添った文章であってもGoogleで上位表示がされないとただのゴミになってしまうからです。

雇う側からすれば、お金を払って文章を書いてもらっているので、それなりの質と担保が欲しいわけです。

つまりSEOでは実績が必要になるため、『運営サイト』やGoogleで『上位表示がされているキーワード』をセットでお伝えするのが一番ベストな伝え方になります。

Webライターは誰にでもできる職業なことから、大学生でもWebライターをバイト感覚でやっている方もいられます。

もし、大学生でWebライターを目指そうとしている方は以下の記事を参考にしてください。

大学生がWebライターになれる?稼げる?【高校生にも対応】

補足として、次にWebライターの仕事にどんな求人があるのかをチェックしましょう。

以下がWebライターで求人を探す一通りの流れです。

Webライター求人の探し方

一つの例ですが、『Indeed』で探す方法があります。

キーワードの欄に「Webライター」と入力し、検索をかけます。

Indeedの求人検索画面

そうすると、正社員の求人から派遣社員、アルバイト、業務委託、在宅などのさまざまな求人が見られます。

Webライターの求人は、そのほかにも『Wantedly』やSNS経由などで探すことができます。

ちなみに僕は、Twitterで以下のような感じでWebライターの募集をしていることもあります。

フリーランスとして業務委託で働く

フリーランスのWebライターとして働くこともできます。

僕自身もフリーランスのWebライターをしていたので、個人の経験談をもとにご紹介していきます。

まず伝えたいことは、フリーランスのWebライターは、自分で仕事を探す必要があります。

そのため、実績や経験がないと、契約してもらえないケースが多いです。

フリーランスの求人の探し方も、正社員の探し方と同様に『求人サイト』や『Wantedly』を経由して探す方法があります。

また、『クラウドワークス』や『サグーワークス』などのクラウドソーシング経由で収入を得ることもできます。

通常、業務委託の場合は、企業と直接雇用になるため、手数料が引かれることはありません。

しかし、クラウドソーシングの場合、サービス手数料を差し引いて支払われることが多いため、経験上ですがおすすめできません。

ですが、「ライター初心者で実績もない…」という方はクラウドソーシングの利用がおすすめです。

主婦でWebライターを目指そうとしている方は以下の記事を参考にしてください。

主婦がWebライターになれる?未経験から稼ぐ方法は?メリット・デメリットを解説!

初心者向けの仕事もたくさんあるため、収入が少なくても、小さな案件からこなしていき、まずは実績を残すことから始めた方が良いです。

おすすめのクラウドソーシング

僕は、《個人ブログを立ち上げ》→《クラウドワークスで実績を残す》→《Wantedly経由で採用》でしたので、実績を残せれば割とうまく仕事が見つかりやすいと思います。

では、この章でお伝えしたことをまとめておきます。

Webライターの働き方は大きく2種類がある。

  1. 企業で働く
  2. フリーランスで働く

企業は育成環境も整っているので、Webライターを未経験でも採用してくれる求人が多いことから、誰でも挑戦が可能。フリーランスで収入を得るには、実績を作ることが重要。

Webライターの収入は?

Webライターの収入

Webライターの収入には個人差があります。

なぜなら、正社員として働くWebライターもいれば、隙間時間を使って働いているWebライターもいるからです。

求人サイトを見ていると、正社員の月給は20〜30万円と幅が広く、未経験OKのアルバイト・業務委託の求人でも、時給1,000〜3,000円くらいでした。

収入調査をしていると、未経験者OKで正社員として雇ってくれる企業が多いことがわかりました。

先ほどは、「実績を残すべきだ」とお伝えしましたが、正社員雇用であれば、初心者のあなたを育ててくれる環境が整っているため、初心者でも採用してくれること多いのでしょう。

一方で、すでに実績がある方の場合は、正社員で雇用してもらうよりも、フリーランスで業務委託契約をした方が収入が高いかもしれません。

また、フリーランスで働くWebライターの収入には以下の2種類があります。

  • 文字単価(1文字単位で計算)
  • 記事単価(1記事単位で計算)

それでは1つずつ解説します。

文字単価

文字単価は、1文字◯円と事前に伝えられて記事の作成を行います。

初心者の場合は、1文字0.5円〜1円であることが多く、執筆経験があったりすると、1円〜3円、実績や成果があると、3円〜10円と高単価になっていきます。

正直にお伝えすると、1文字1円以下の案件は辞めておきましょう。安すぎます。

クラウドソーシングの案件には文字単価が安すぎるデメリットがありますが、1文字1円以下の案件は労力と割りに合わないことが多いです。

せめて、1文字1円以上の案件を狙った方がいいです。

ただ繰り返しになってしまいますが、初心者のライターの場合は実績を作らないといけないので、「まずは実績を残す」ためだけに低単価の案件をこなしていく必要があるでしょう。

記事単価

記事単価は、1記事◯,◯◯◯円と事前に決められて作成を行います。

記事単価のデメリットは、文字数が多くても一律で決められた記事単価であるということです。一方で、文字数が少なかったとしても、決められた記事単価を受け取ることができます。

最近は文字単価が主流のため、「記事単価で報酬」という企業は少なくなってきていますが、一応覚えておくと良いでしょう。

Webライターとしての収入を上げる方法

Webライターとして収入を上げる方法は、以下の4種類があります。

  • 専門の得意分野を持つ
  • 経験を積む
  • スピーディーに案件をこなす
  • SEOの知識をつける

それでは1つずつ詳しく解説していきます。

専門の得意分野を持つ

得意分野の領域があれば、高報酬を狙うことができます。

僕を例とすると、僕は人材紹介会社に勤めていた経験がある元転職エージェントのWebライターです。

つまり、転職領域(人材領域)に関する知識を把握していることが強みになります。

転職に関する記事があった場合、転職エージェントの経験がある人が執筆していたときの信憑性は高くなりますよね。

そうすると、企業からは、

『オリジナリティが高い+質の良い記事ができる&経験者が執筆』

このように得意分野を持つことで、その記事の権威性も高められ、企業からは優遇されやすくなるのです。

経験を積む

当たり前のことですが、経験を積めばあなたの価値が上がります。

はじめは、Webライター初心者ですが、低単価の案件でも量をこなしていくことで、大きな資産となります。

Webライター歴が半年にでもなれば、あなたの価値は高まって、経験もソコソコあるので、実績も経験もない初心者よりは雇用主側も安心できるでしょう。

半年も経験があれば、単価交渉もできますので、自信を持って交渉することをおすすめします。

スピーディーに案件をこなす

あまり時間をかけずに、大量の案件をこなすことで収入アップにつながります。

スピーディーに作業することはとても大切ですが、質も大事です。

早く納品ができたとしても、質が悪ければ、企業はあなたとの契約を切ってしまうかもしれません。

ある程度、質を担保しつつ、スピーディーに作業をしていけるようにしましょう。

最近では音声入力でライティング業務ができるようになりました。

音声入力でライティングをするメリットとデメリット、それからやり方を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

Webライターが音声入力をするメリットとデメリット【やり方あり】

SEOの知識をつける

SEOで実績のあるWebライターはとても優遇されやすいです。

SEOの知識は、セミナーに参加したり、有料noteを購入して学ぶ必要はありません。

なぜなら、僕はセミナーに参加した経験もないし、有料noteを購入しなくても、実績を残せたからです。

僕が唯一したことは以下の通りです。

まずは、SEOに関する一般的な知識をつけることをおすすめします。あとは量をこなすだけです。

知識の付け方は、SEOで実績を残している方のブログを読むことでもいいですし、SEO系の書籍を読んでみることでもいいです。

僕がこのときに読んだ書籍で、「これだけ読んでおけば大丈夫!」というものをピックアップしました。

沈黙のWebライティング ーWebマーケッター ボーンの激闘ー【電子書籍】[ 松尾 茂起(著) ]
created by Rinker

『沈黙のWebライティング』は初心者でもわかりやすいようにストーリー形式でSEOを学べます。

これからWebライターを目指す方におすすめしたい一冊です。

では、この章でお伝えしたことをまとめておきます。

  • Webライターの収入には個人差がある。
  • 報酬には文字単価と記事単価がある。
  • Webライターの初心者は、まず経験を積むことから始めるべき。

Webライターになるには?初心者、未経験でもなれるの?

結論を言ってしまうと、Webライターは誰にでもなれる職業です。

そのため、知識が全くない方でも未経験の方でも目指せます。

また正社員雇用の場合は、未経験OKの求人も多いため、「やってみたい!」という漠然な気持ちだけでもなろうと思えばなれます。

必要な資格やスキルは?

Webライターは誰でも目指せる職業なので資格はいりません。

ちなみにですが、僕も資格は何もないです。

ただ、ある程度の文章力は必要でしょう。

文章力の身に付け方は、よく読まれているブログを毎日熟読するだけでも充分です。

それよりも大事なのが、相手が何を知りたくてその記事を読んでいるのかを読み取るスキルが必要です。

つまり、読者のニーズを満たせる文章が書けるかがポイントです。

客観的に物事を考えられる、相手が考えていることを見抜けるという方はとても向いていると思います。

また、クライアントと友好的な関係を築くためにも、コミュニケーション能力は欠かせませんね。

SEOを意識したライティングスキル

Webライターで需要が高いと言われているのが、SEOを意識したライティングができるかということです。

Googleのアルゴリズムの理解や検索エンジンが理解しやすい構成などが求められます。

SEOに強みを持つWebライターはどこの企業も欲しがるので、SEOを学んで損はないでしょう。

またWebライターに興味を持った方でPCがない方、もしくは買い換えたいという方は以下の記事を参考にしてください。

WebライターにおすすめのパソコンはMacbookのみ!【理由はたった2つ】

Webライターのデメリット

僕がフリーランスでWebライターをしていたときに感じたデメリットは以下の2点です。

  • ライティングに時間がかかってしまう
  • 納品後にクライアントからの連絡が途絶えてしまう

それでは1つずつ経験談をもとにご紹介します。

ライティングに時間がかかってしまう

Webライターになりたてのときは、1記事を作成するのに丸1日かかってしまうこともありました。

そうすると、他の提出期限に間に合わなかったり、大量の案件をこなす余裕がない分、収入が少ないという事態が起こってしまいます。

まずWebライターを目指すのであれば、本業以外の隙間時間に作業を行って案件をこなしていくのが余裕もあって良いですね。

つまり、はじめは副業としてWebライター経験を積んでいくのが望ましいでしょう。

注意

提出期限が遅れてしまうのは、クライアントとの信用性を完全に失ってしまうので、絶対に避けましょう。

もし、納品が遅れてしまう場合は、事前に伝えておくのが社会のルールとして常識です。

期限を守れない方、自分に甘い方はWebライターは向いてないと言えますね。

納品後にクライアントからの連絡が途絶えてしまう

直接取引をしてしまうと、「納品後に一切の連絡が取れなくなってしまい、報酬が支払われなかった…」というケースがあります。

そのため、直接取引をする際は、必ず契約書を交わすようにしましょう。

僕は音信不通になったことが1度ありました。

その月の収入が減ってしまい大変なことになりますので、契約書を交わすことは必須です。

では、この章でお伝えしたことをまとめておきます。

  • 期限や自分に甘い方はWebライターが向いていない。
  • まずは余裕を持ってWebライターを目指す
  • クラウドソーシング以外で取引をする際は、必ず契約書を交わす。

よくある質問|Q&A

よくある質問

最後に、メディア運営をしていて、よく質問をされることをまとめておきました。


採用されやすいコツなどはありますか?

最近では記事の権威性が重要になりつつあります。そのため、Webライター以外でも活躍していると優遇されやすいでしょう。例えば、SNSで活動してちょっとしたインフルエンサーになるだけでも印象は違います。


メディア運営者としてWebライターに求める1番のポイントは何ですか?

『質と担保』です。質と担保が保証できるWebライターであれば、単価を上げても継続的に仕事を任せたいものです。


フリーランスと正社員はどちらがおすすめですか?

未経験の方であれば、正社員で実績を残しておくと、フリーランスになっても活躍できるのではないでしょうか。


コンテンツライターになるには?

Webメディア運営会社に就職が良いですね。ライティングスキル以外に、運営、管理を経験できます。


副業でWebライターはおすすめですか?

高校生や主婦の方が在宅で活躍している背景からおすすめと言えるでしょう。しかし、副業でどの程度稼ぎたいかによりますね。

まとめ|Webライターとは誰にでもなれる職業

この記事では、Webライターとはどんな職業なのかをお伝えしてきました。

Webライターは完全成果主義である職業のため、稼ぎ方も考えておく必要があります。

稼ぐ方法が見つかれば、あとは量をこなしていくだけです。

経験を積んでいけば、必ず報酬も上がっていくので、継続してやれる忍耐力がある方は、とくにWebライターが向いているでしょう。

江波戸

ご相談やご質問はTwitterまでお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です