◆マーケティング心理学まとめ

【心理学】マグネット効果とは?意味や英語表現、スーパーやFXで使われている例をご紹介

ご覧いただきありがとうございます。

江波戸

会社員で複数のメディア統括をしている江波戸(えばと)です。(主にSEO担当)

Webマーケター兼ライターをしています。

「マグネット効果とは?どういう意味なんだろう…?スーパーやFXなどで使われている例を知りたい…!できればマーケティングで使う方法も知りたい!」

こんな疑問を解消します。

結論から言ってしまうと、「マグネット効果」とは、メインの商品や繁盛店(人気店)などに引き寄せられて人が集まることで、他の商品も一緒に売れたり、近隣の店舗も繁盛するという心理効果を言います。

つまり、店頭に引きのある商品を置くことで、マグネットのように隅々まで誘導することができるという心理学です。

この記事では、「マグネット効果」の意味やスーパーやFXで使われている具体例、「マグネット効果」を使ったマーケティング方法をご紹介します。

紹介しているマグネット効果をマーケティングで使うことで、あなたのお店でもマグネット効果を使って繁盛することができるかもしれません!

読むのが面倒な方は…

※すぐにマーケティングで応用する方法を知りたい方は【「マグネット効果」をマーケティングで活用する方法】をクリックでジャンプします。

「マグネット効果」とは?マグネット効果の意味を紹介

<画像>マグネット効果

江波戸

まず、マグネット効果の意味について解説します。

マグネット効果

読み:まぐねっとこうか

商店街やショッピングセンターなど広い場所でも、店頭や施設に遠距離からも顧客をマグネットのように吸引する心理効果。

「マグネット効果」とは、メインの商品や繁盛店(人気店)などに引き寄せられて人が集まることで、他の商品も一緒に売れたり、近隣の店舗も繁盛するという心理効果です。

ショッピングセンターや大型アウトレットなどのような核店舗は、今回ご紹介する「マグネット効果」を利用し、全体的に集客率を上げようとしていることがほとんどです。

「マグネット効果」の具体例

<画像>具体例

「マグネット効果」という心理用語は、具体的にどの場面で利用されているのかを解説していきます。

◆マグネット効果は商店街やショピングセンター、店舗などで使われている

<画像>マグネット効果で店の奥まで誘導する例

マグネット効果を活用することで、お客様を興味深く売り場の奥、もしくは敷地内の奥までショッピングをしてくれるようになり、結果として全体的に売り上げも伸び、繁盛するようになります。

心理学では「マグネット効果」と呼びますが、戦略として「磁石売場」と呼ぶこともあります。

マグネット効果と一緒に「磁石売場」と呼ばれることがあることを覚えておきましょう!

◆マグネット効果はFXでも使われている

<画像>マグネットのようにレートが変動

FXでのマグネット効果は多少違った意味で使われているようです。

FXでは、ある対象となるレートまでマグネットのように引き寄せられるかのように上昇もしくは下落していくことを言います。

マグネット効果を使うと、繰り返し利益が持続していくと言われているそうです。

ただFXは筆者の専門外であるため、あまり触れないでおきます。

詳しく知りたい方は以下の記事を参考にすると良いでしょう!

参考 相場(FX)におけるマグネット効果と、それを引き起こす大衆心理についての考察<br /> FXプライスアクション研究所

バンドワゴン効果」でもFXについて関連性があるので一緒に覚えておくと便利です。

【図解で解説】日本人が敏感なバンドワゴン効果とは?意味や具体例、広告・マーケティングで使う方法までご紹介

「マグネット効果」の類語・言い換え表現

<画像>類語・言い換え表現

「マグネット効果」の類語・言い換え表現には、以下があります。

  • 「磁石売場」

それでは解説していきます。

「磁石売場」

磁石売場

読み:じしゃくうりば

スーパーなどの店舗で他の売り場と比べて、特に目立つ場所や来店したお客さんが思わず足を止める売り場のこと。

「磁石売場」とは、店舗内でお客様を引き付けようとするポイントのことを言います。

磁石売場は、売場作りに最適であり、「主通路」をもとに以下の4つの種類に分けられます。

  • 第1磁石売場…主通路沿いの売場
  • 第2磁石売場…各通路の突き当たり
  • 第3磁石売場…プロモーショナル売場
  • 第4磁石売場…各棚にはさまれた通路

磁石売場の図

引用元:https://shopcounter.jp/magazine/knowhow/attracting-place-in-shop/

上記の図を参考にしながら、それぞれの磁石売場の売場区分を覚えておくと良いでしょう。

「マグネット効果」の英語・英語例文・英語表現

<画像>英語表現

「マグネット効果」は英語表記で”magnet effect”と表記します。

「マグネット効果」は英単語の「magnet」と効果の意味を持つ「Effect」から由来している名前ですが、「magnet」とはどういう意味を持つのでしょうか?

「magnet」とは以下の意味を持ちます。

  • 磁石
  • 人を引きつける人

以下では、「magnet」を使った英文をご紹介します。

<例文>

  • a bar magnet.(棒磁石)

それでは「マグネット効果」を使ったマーケティング手法をご紹介します。

「マグネット効果」を使ったマーケティング手法

<画像>マーケティングで使う方法

江波戸

続いて、「マグネット効果」を使ったマーケティング手法をご紹介します!

ここまで、「マグネット効果」を使った具体例はすでにご紹介していますが、さらに掘り下げて解説していきます。

店舗などで人を引き寄せるためには仕掛けが必要になる

「マグネット効果」を使った方が良い方は以下の通りです。

  • ディスプレイで店に引き寄せて店内を歩いて何も購入せず帰ってしまうお客様がいる
  • 利益が少ない商品ばかりが売れる

上記に当てはまる方はマグネット効果を使ってみる価値はあるでしょう。

◆マグネット効果の使用方法

<画像>マグネット効果で商品を店頭に並べる方法

まずは、お客様が店の前で足を止めるような仕掛けを設けるようにしましょう。

その後、店内に引き寄せていきます。

次に「少し興味がひくような商品」を配置し、「他にも良い商品があるかな」と思わせて店内の奥まで誘導していくのです。

<画像>店の奥をなるべく明るくする

また、照明にもこだわりましょう。

店内の奥の方はできるだけ明るくします。

そうすることで、店の入り口からでも奥の商品をみることができるようになるのです。

ただ、商品がしっかり見えるようにする配置は必要ないです。

なぜなら、商品が全てわかってしまうと、「あの商品は興味ない」と思われてしまい、店内を回ることなく店を出てしまうからです。

マグネット効果は「あの商品が気になっているけど、いくらなのかな?」、「どんな感触なんだろう…」という心理を持たせるのが最大のポイント。

店内を回ってもらえるように仕掛けを作り誘導していく売場作りをすることで、売り上げが急増していくでしょう。

光の明るさや色の組み合わせによって感じ方が異なる心理学の「クルーゾフ効果」も一緒に覚えておきましょう!

クルーゾフ効果とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

まとめ|「マグネット効果」で売上を伸ばす取り組みを!

<画像>この記事のまとめ

さいごに、この記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 「マグネット効果」とは、商店街やショッピングセンターなど広い場所でも、店頭や施設に遠距離からも顧客をマグネットのように吸引する心理効果。
  • 「マグネット効果」は店舗やFXなどで使われている。
  • 「マグネット効果」は英語表記で”magnet effect”と表記。
  • 「マグネット効果」をマーケティングで活用すると、売り上げを伸ばすことができる。

ぜひ、この「マグネット効果」をマーケティングで取り入れてくださいね!

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。