◆マーケティング心理学まとめ

文脈効果とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

ご覧いただきありがとうございます。

江波戸

会社員で複数のメディア統括をしている江波戸(えばと)です。(主にSEO担当)

Webマーケター兼ライターをしています。

「文脈効果ってどういう意味なんだろう…」

こんな疑問から解消します。

結論から言ってしまうと、「文脈効果」とは、次の4つの「知覚」「認知」「言語」「記憶」に関する概念で、その前後関係から対象となる刺激の知覚過程に影響をもたらす心理効果を言います。

この記事では、文脈効果の意味から文脈効果を使ったマーケティングの活用方法などをご紹介します。

最後まで読むことで、文脈効果を使って大きなビジネスチャンスを掴むことができるようになるでしょう!

読むのが面倒な方は…

※すぐにWebマーケティングで応用する方法を知りたい方は【「文脈効果」をWEBマーケティングで活用する方法】をクリックでジャンプします。

以下のように活躍しているブロガーや著名人の方々も大勢「文脈効果」の重要性をご紹介しているので、最後まで読むことをおすすめします。

この記事の内容
  1. 「文脈効果」の意味
  2. 「文脈効果」の英語表現
  3. 「文脈効果」の具体例
  4. 「文脈効果」を使ったマーケティング手法

「文脈効果」の意味

「文脈効果」の意味

江波戸

まず、文脈効果の意味について解説します。

文脈効果

読み:ぶんみゃくこうか

対象となる商品やサービスの顧客が受ける価値が、前後の「状況」「環境」「情報」などによって変化するという心理効果。

「文脈効果」とは、商品やサービスなどの販売時や使用時の状況によって顧客の価格への感じ方が変化するという心理効果です。

この「文脈効果」は、商品やサービスをより付加価値をつけて魅力的に見せることができる心理学なのでマーケティングに効果的です。

江波戸

「文脈効果」はテーマパークなどでも頻繁に使われている心理効果!

覚えておいて損はないので、しっかりと頭に入れておくと良いでしょう!

「文脈効果」の由来

「文脈効果」は、アメリカの心理学者である「ジェローム・ブルーナー(Jerome Bruner)」が、1955年に“Journal of General Psychology”の実験をもとに実証されました。

「文脈効果」の具体例

「文脈効果」という心理用語は、具体的にどの場面で利用されているのかを解説していきます。

◆文脈効果はスーパーで使われている

文脈効果はスーパーで使われている

「文脈効果」はスーパーでも多く使われています。

スーパーで、セール品の野菜が山積みになっていてる場所に主婦がいました。

その主婦がそのうち1つのセール品である野菜を迷うことなく手に取りました。

さらに、隣にあった果物も値段を確認せうることなく、手に取ったのです。

つまり、セール品が揃っている野菜のコーナーで、隣に商品があっただけに果物もセール品だと勝手に判断してしまったのです。

◆文脈効果はテーマパークで使われている

文脈効果はテーマパークで使われている

「文脈効果」はテーマパークなどでも使われいてます。

例えば、テーマパークではドリンクは500円以上、フードは簡単な約1000円くらいと、テーマパーク外では通常売れにくい価格設定で売られています。

しかし、テーマパークは年に数回しか行けない場所であるうえに、特別なイベントの際に行く場所ということがあり、価格を気にせずに価格設定が高くても飲食物を売ることができます。

テーマパーク以外で言えば、お祭りや文化祭、お土産やさんなどでも同じことが言えるでしょう。

つまり、この記事で紹介している「文脈効果」を使うことで、価格設定を高くしても売れる可能性が高まるのです。

◆文脈効果はスターバックスで使われている

文脈効果はスターバックスで使われている

スターバックスでは「季節限定商品」が時期ごとに新作が発売されます。

この季節限定商品は、毎回行列ができるほど大人気です。

ただ、価格は500円以上が当たり前ですね。

ぶっちゃけ、飲み物だけで500円以上するのは破格です。

ただ、この季節限定商品は、スターバックスというブランドのあるカフェで、丁寧な接客サービスがあるという文脈効果があるので価格が高くても売れるのです。

また、日本人は特に「限定」など希少価値のある商品やサービスに惹かれやすい特質があります。

江波戸

以下の心理効果も併せてマーケティングに活用してみるとさらに効果が高まりますよ!

◆文脈効果はビジネスホテルで使われている

文脈効果はビジネスホテルで使われている

ビジネスホテルで「有料のテレビ視聴カード」が販売されているのを見たことがあ李ませんか?

通常の地上波のテレビ視聴は無料ですが、ビジネスホテルなどでは1日1,000円くらいの価格でケーブルテレビや映画などをみることができるカードを販売しているホテルがあります。

遅くまで仕事をしていえに帰ったらテレビを見る習慣があるサラリーマンは多いので、ビジネスホテルに仕事帰りに訪れる人をターゲットとして販売しているのです。

そのため、習慣から有料であっても視聴カードを購入するサラリーマンは多いのです。

◆文脈効果は物産展で使われている

文脈効果は物産展で使われている

「◯◯物産展」とそれぞれの都道府県のご当地である「お土産」や「地元の農産品やお弁当」がデパートなどのイベントで定期的に開催されているのを見かけたということも多いはず。

特に、北海道は名産品がとても多いため、他の都道府県よりも売り上げが多いのが特徴です。

なぜなら、「北海道」という文脈は、「ウニ」「蟹」「いくら」「白い恋人」「メロン」などをイメージできる効果があるからです。

◆文脈効果は高級ホテルで使われている

文脈効果は高級ホテルで使われている

高級ホテルなどのレストランでは、同じオレンジジュースであっても高級ホテルで飲むのと、ビジネスホテルで飲むオレンジジュースは感じ方に違いが生まれるはずです。

「感じ方が違う=オレンジジュースに対する適正価格」ということになります。

味も一緒なのに、なぜか美味しいと感じることもあるでしょう。

このように商品やサービスなどの価格価値を高めるためにも、ディスプレイや装飾などに気を配ることで、価格価値も異なってくるようになるのです。

「文脈効果」の類語・言い換え表現

「文脈効果」の類語・言い換え表現には、以下の2つがあります。

  • バンドワゴン効果
  • スノッブ効果
  • ウェブレン効果

それでは1つずつ解説していきます。

「バンドワゴン効果」

バンドワゴン効果

読み:ばんどわごんこうか

ある製品や事柄に、大勢がそれを支持や賛同しているときに、その製品や事柄への支持、賛同がとても高くなるという心理効果。

「バンドワゴン効果」とは、マーケティングや経済学、政治学、社会学でよく使われる行動心理学の用語で、ある選択肢を大勢が選択していることで、その選択肢を選択する人がさらに増加するという心理効果です。

そもそも、「バンドワゴン」とは、行列の先頭に立つ、楽隊車を意味し「時流に乗る」、「勝馬に乗る」、「多勢に与する」という意味を持ちます。

日本人は流行に弱いので、この「バンドワゴン効果」が日常的に働いているでしょう。

「みんながやっているから」、「みんなが買っているから」、「みんなも知っているから」などの理由に基づく安心感や欲求などが当てはまると思います。

【図解で解説】日本人が敏感なバンドワゴン効果とは?意味や具体例、広告・マーケティングで使う方法までご紹介

「スノッブ効果」

スノッブ効果

読み:すのっぶこうか

手に入れることが難しいほど需要が増加し、手に入れることが簡単なほど需要が薄れていくという心理効果。

「スノッブ効果」とは、同じ商品を大勢の人が保有していると、その商品に対して希少価値がつかないため、その商品に対して購入意欲が下がるという心理効果です。

また、他人と違う商品をあえて保有することで、「自分だけ特別なんだ…」という優越感を得たいと考える心理効果を言います。

スノッブ効果の意味は?由来・類語・具体例・マーケティングで使う方法まで紹介!限定商品を使うと効果的!

「ウェブレン効果」

ウェブレン効果

読み方:うぇぶれんこうか

購入するものが高価であることが効用を高める効果。高いもの=良いもの。

「ウェブレン効果」とは、ブランド消費が代表の例で、商品やサービスの価格が高く、それを手に入れること自体に特別な消費意識・欲求が生まれるという心理用語です。

GUCCI(グッチ)やCHANEL(シャネル)などの高額なブランド品を購入するときの心理効果としてよく使われます。

価格が高いほど、質が優れていると勝手に思い込むのもウェブレン効果が働いていると言えるでしょう。

また、セールのときに、割引率が80%と同じ割引率の2つの商品があった場合、値段が高い商品の方がお得だと感じてしまうことも効果が働いている証拠と言えます。

「ウェブレン効果」は、ただ商品の価値だけでなく、その希少性や高級感が商品価格や需要に影響を与えています。

「文脈効果」の英語表現

「文脈効果」は英語表記で”context effect”と表記します。

「文脈効果」は英単語の「context」と効果の意味を持つ「Effect」から由来している名前ですが、「context」とはどういう意味を持つのでしょうか?

「context」とは以下の意味を持ちます。

  • 前後関係
  • 文脈
  • 脈略
  • コンテキスト
  • 状況
  • 環境

以下では、「context」を使った英文をご紹介します。

<例文>

  • It depends on the context.(文脈によるものです。)
  • the context of a written sentence(書かれた文章の中)
  • in context(文脈内において)

それでは「文脈効果」を使ったマーケティング手法をご紹介します。

「文脈効果」を使ったマーケティング手法

江波戸

続いて、「文脈効果」を使ったマーケティング手法をご紹介します!

ここまで、「文脈効果」を使った具体例はすでにご紹介していますが、さらに掘り下げて解説していきます。

場の空気を味方につけて安いものを高く売る

先ほども「テーマパーク」を例にご紹介しましたが、ここでもテーマパークを例に詳しく解説していきます。

ディズニーランドやUSJなどの大人気テーマパークは、外の日常空間と世界観の違う雰囲気やシチュエーションを作ることで、テーマパークならではの世界観を作っています。

つまり、入園している間は夢の世界で暮らしているということです。

入園したことがある方はご存知だと思いますが、テーマパーク内の商品はほとんどプレミア価格で販売されています。

中身は外の世界と同じ商品であったとしても、ましてパッケージも中身も一緒の商品であってもプレミア価格で販売されているのです。

ここでのポイントは以下の通りです。

ポイント
なぜプレミア価格であるのに、それを購入する人がいるのか?

日常生活では、購入するのに躊躇するような価格であっても、入園後は躊躇いもなく購入行動に出るはずです。

これには「文脈効果」のマーケティングが大きく働いています。

詳しく説明すると、特別な場所だから、特別な日だから、滅多に来れないからなどと気持ちが高まり、「自分もそうするべきだ」というバイアスが無意識に働いていることが原因です。

江波戸

テーマパーク以外にも、身近な例でご紹介すると、「映画館」でも「文脈効果」が使われています。

例えば、映画館で500円近くするポップコーンを購入してしまうのも、その場の空気感と雰囲気によって購入してしまっているのです。

空気感と雰囲気によって購入してしまうだけではなく、ポップコーンを食べたくなるのも「文脈効果」によって食欲が出てしまうのです。

つまり、場の「空気感」や「雰囲気」にこだわり、その場に合わせた価格設定をすることで、少し高い価格であっても顧客は不満がなく購入行動をするのです。

江波戸

新しくお店を構えるときなどは、装飾やディスプレイなどにこだわりを持って行うようにしましょう!

補足|「文脈効果」と一緒にマーケティングで使える心理学

ここでは、「文脈効果」と一緒にマーケティングで使うと効果的な心理学をご紹介します。

「文脈効果」は収益UPに効果的な心理学なので、さらに収益UPにつなげることのできる心理学を以下にまとめたのでぜひ参考にしてください!

「暗黙の強化」


「暗黙の強化」とは、その対象の比べる相手を批判することで、その対象を褒めたことになるという心理効果。 暗黙の強化とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

「松竹梅の法則」


「松竹梅の法則(極端の回避性)」とは、三段階の選択肢があったときに、たいていの人は真ん中を選ぶという心理効果。 松竹梅の法則(極端の回避性)とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

「コントラスト効果(対比効果)」


「コントラスト効果(対比効果)」とは、2つ以上のものを比べたときに差があると、実際の差よりも大きく差が感じられる心理効果。 コントラスト効果(対比効果)とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

「クルーゾフ効果」


「クルーゾフ効果」とは、光の明るさや色の組み合わせによって快適や不快などと感じる心理効果。 クルーゾフ効果とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

「摂取性同一視」


「摂取性同一視」とは、不快感や嫌な体験の記憶を弱めて、人間の心理的に安定するように働く「防衛機制」の一種のこと。 投影性同一視とも呼ばれる摂取性同一視とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

「文脈効果」


「文脈効果」とは、次の4つの「知覚」「認知」「言語」「記憶」に関する概念で、その前後関係から対象となる刺激の知覚過程に影響をもたらす心理効果。 文脈効果とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

「ディドロ効果」


「ディドロ効果」とは、自分が気に入った商品やサービスを購入すると、その他のものも気に入った商品に合わせた雰囲気のもので統一したくなるという心理効果。 ディドロ効果とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

「ブーメラン効果」


「ブーメラン効果」とは、誰かを説得しようとすると、説得されようとした側の人の態度が硬化して逆に反発してしまうという心理効果。 ブーメラン効果とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

「権威への服従原理」


「権威への服従原理」とは、ミルグラム効果とも言われるもので、人は権威性のある人の言動を見聞きしたときに「それが正しい」と思ってしまうという心理効果。 権威への服従原理の意味は?例・マーケティングで使える方法までご紹介

「気分一致効果(感情一致効果)」


「気分一致効果」とは、情報を受け取る側はその時の気分や状況によって、同じ情報でも受け取る印象が変わるという心理効果。 気分一致効果の意味は?例・マーケティングで使える方法までご紹介!

「噴水効果」


「噴水効果」とは、さいしょに読み手が喜ぶものを見せることで、他の商品やサービスの露出を増やすことができるという心理効果。 シャワー効果とも呼ばれる噴水効果とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

「吊り橋効果」


「吊り橋効果」とは、別名「吊り橋理論」とも呼ばれ、吊り橋の上のような不安や恐怖を感じる場所で出会った人同士が一緒に時間を過ごしたことにより、恋愛感情を抱きやすくなるという心理効果。 吊り橋効果(吊り橋理論)とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

「一貫性の原理」


「一貫性の原理」とは、「自分の態度や発言、行動に一貫性を持たせたい!」という心理効果。 一貫性の原理とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

「テンション・リダクション効果」


「テンション・リダクション効果」とは、購入時の決断や困難な目標を達成した直後、緊張が緩んだ状態になるという心理効果。 テンション・リダクション効果の意味は?マックやレストランの例、マーケティングで使える方法までご紹介

「保有効果」


「保有効果」とは、何かが自分のものになったときに、入手する前よりも高い価値を感じる心理効果。 保有効果の意味は?恋愛・マーケティングで使う方法や論文をご紹介

「バーナム効果」


「バーナム効果」とは、誰にでも当てはまりそうなことを、あたかも自分にピッタリ言われているかのように言われるように感じる心理効果。 バーナム効果の意味は?占いや血液型で使われている例、マーケティングで使える方法までご紹介

「ウインザー効果」


「ウインザー効果」とは、何かを直接伝えられるよりも、第3者から間接的に伝えられた方が信憑性は高まるという心理効果。 【心理学】ウィンザー効果の意味は?具体例やマーケティングで使う方法までご紹介

「初頭効果」


「初頭効果」とは、ヒトは相手を第一印象で認識してしまう傾向があるという心理効果。 【心理学】終末効果とも呼ばれる初頭効果の意味は?具体例やマーケティングで使える方法までご紹介

「ザイアンス効果」


「ザイアンス効果」とは、繰り返しその商品やサービスなどに接触することで、好意や印象、興味が高まるという心理効果。 【心理学】ザイアンス効果(単純接触の法則)の意味は?恋愛や営業、マーケティングで使う具体例を解説

「ストループ効果」


「ストループ効果」とは、文字意味と文字色を同時に目にするふたつの情報が干渉しあうという心理効果。 ストループ効果とは?日常生活やトイレ、ゲームで使われている例からマーケティングで使える方法までご紹介

「フォールス・コンセンサス効果」


「フォールス・コンセンサス効果」とは、自分の意見や判断が正しいと思い込み、周りの人も同じような意見や判断を下すと錯覚してしまう心理効果。 【心理学】フォールス・コンセンサス効果とは?意味や具体例、マーケティングで使う方法から論文までご紹介!

「親近効果」


「親近効果」とは、終盤に与えられた情報でその人の印象や行動が決定されやすいという心理効果。 【心理学】親近効果の意味は?恋愛やマーケティングで使う例を解説!初頭効果もご紹介!

「カウントダウン効果」


「カウントダウン効果」とは、期限を知らせると人はつい行動してしまうという心理効果。 【心理学】カウントダウン効果とは?意味や緊急性を煽る例、マーケティングで使える方法までご紹介

「クレショフ効果」


「クレショフ効果」とは、同じ画像や映像でも、その前に見たものによって受ける印象が変わるという心理効果。 クレショフ効果の意味は?CM・恋愛で使われている例やマーケティングで使う方法を解説【論文付き】

「レストルフ効果」


「レストルフ効果」とは、似たような商品が並んでいる場合、他の商品より特徴的な商品が記憶に残りやすいという心理効果。 【心理学】フォン・レストルフ効果(孤立効果)とは?意味やマーケティングの例、論文まで紹介

「コンコルド効果」


「コンコルド効果」とは、ある対象について将来の損失になると分かっていても、今までの金銭的・時間的・精神的投資(コスト)を惜しんで投資をやめられなくなる心理効果。 コンコルド効果(サンクコスト)とは?意味や恋愛・UFOキャッチャー・マーケティングで使える例を紹介!

まとめ|「文脈効果」

さいごに、この記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 「文脈効果」とは、次の4つの「知覚」「認知」「言語」「記憶」に関する概念で、その前後関係から対象となる刺激の知覚過程に影響をもたらす心理効果。
  • 「文脈効果」は英語表記で”context effect”と表記。
  • 「文脈効果」をマーケティングで活用すると、場の空気を味方につけて安いものを高く売ることができる。

ぜひ、この「文脈効果」をマーケティングで取り入れてくださいね!

ここがポイント