>>心理学まとめ

【論文】「ツァイガルニク効果」に関する全論文集

ご覧いただきありがとうございます。

江波戸

江波戸(えばと)です。

Webマーケター兼ライターをしています。

「ツァイガルニク効果の論文を知りたい!」

この記事では、「ツァイガルニク効果」に関する論文を網羅的にまとめています。

「ツァイガルニク効果」とは、人は達成できなかったことや中途半端に中断していることを、達成したことよりも記憶に残りやすいという心理効果を言います。

「ツァイガルニク効果」はさまざまな状況で使う方法ができる心理学です。

この記事を読むことで、「ツァイガルニク効果」に関するありとあらゆる論文を見つけることができますよ!

「ツァイガルニク効果」について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね!

ツァイガルニク効果とは?意味や例、マーケティングで使える方法までご紹介

「ツァイガルニク効果」の意味

<画像>ツァイガルニク効果の意味

江波戸

まず、ツァイガルニク効果の意味について解説します。

ツァイガルニク効果

読み:つぁいがるにくこうか

人が達成できなかったことのほうを、達成できたことよりもよく覚えているという心理効果。

「ツァイガルニク効果」とは、人は達成できなかったことや中途半端に中断していることを、達成したことよりも記憶に残りやすいという心理効果です。

「ツァイガルニク効果」は、ドイツのゲシュタルト心理学者であるクルト・レヴィンと旧ソビエト連邦の心理学者ブルーマ・ゼイガルニクにより証明された心理学です。

「ツァイガルニク効果」は、「ゼイガルニク効果」や「ゼイガルニック効果」とも呼ばれるので一緒に覚えておきましょう!

「ツァイガルニク効果」に関する論文|まとめ

<画像>ツァイガルニク効果の論文

「ツァイガルニク効果」に関する論文をまとめました。

消費者間ネットワークと購買行動:スノッブ効果とスノッブ効果

著者情報

名前:益田 真輝、仲谷 善雄
所属:情報処理学会
収録刊行物:第73回全国大会講演論文集

◆この論文をチェックする

論文を見る