◆マーケティング心理学まとめ

吊り橋効果(吊り橋理論)とは?意味や具体例、マーケティングで使える方法までご紹介

ご覧いただきありがとうございます。

江波戸

会社員で複数のメディア統括をしている江波戸(えばと)です。(主にSEO担当)

Webマーケター兼ライターをしています。

「吊り橋効果ってどういう意味なんだろう…」

こんな疑問から解消します。

結論から言ってしまうと、「吊り橋効果」とは、別名「吊り橋理論」とも呼ばれ、吊り橋の上のような不安や恐怖を感じる場所で出会った人同士が一緒に時間を過ごしたことにより、恋愛感情を抱きやすくなるという心理効果を言います。

この記事では、「吊り橋効果」の意味から吊り橋効果を使ったWebマーケティングの活用方法などをご紹介します。

ブログやサイトを運営している方や記事LPを作成している方は、この「吊り橋効果」という心理学を使うことで、読み手に商品やサービスに親近感を持たせることができます。

読むのが面倒な方は…

※すぐにWebマーケティングで応用する方法を知りたい方は【「吊り橋効果」をWebマーケティングで使う手法】をクリックでジャンプします。

「吊り橋効果」の意味

「吊り橋効果」の意味

まずは、「吊り橋効果」の意味からご紹介します。

「吊り橋効果」とは、恐怖や不安を共に体験した人同士が恋愛感情を持ちやすくなる心理効果のことを言います。

カナダ出身の2人の心理学者によって1974年に発表された「生理・認知説の吊り橋実験」によって実証された心理学です。

「吊り橋効果」はとくに恋愛シーンで働く心理効果です。

しかし、Webマーケティングでも応用できる心理効果なので、ブロガーやアフィリエイターはぜひチェックしておきましょう。

読むのが面倒な方は…

※すぐにWebマーケティングで応用する方法を知りたい方は【「吊り橋効果」をWebマーケティングで使う手法】をクリックでジャンプします。

「吊り橋効果」の類語

「吊り橋効果」の類語には、「吊り橋理論」や「恋の吊り橋理論」があります。

双方とも「吊り橋効果」と同じ意味を持ちます。

「吊り橋効果」の英語表現

「吊り橋効果」は英語表記で、”suspension bridge effect”と書きます。

“suspension bridge”は「吊り橋」という意味をもち、”effect”は「効果」という意味を持ちます。

恋愛シーンにおける「吊り橋効果」の心理現象

江波戸

1947年にカナダの心理学者である「ダットン」と「アロン」が実験した「生理・認知説の吊り橋実験」によって実証された心理学です。

ここでは、その実験結果に基づき、恋愛における「吊り橋効果」の使い方をご紹介します。

生理・認知説の吊り橋実験

「生理・認知説の吊り橋実験」は、18歳〜35歳の独身男性を対象に、「揺れる吊り橋」と「揺れない吊り橋」を渡理、それぞれの橋の真ん中で行われた実験です。

独身男性がそれぞれの橋の真ん中に着いたとき、若い女性に「アンケートにご協力ください」と話しかけられたときの独身男性の心情の変化を調査しました。

独身男性は、簡単なアンケートに答えたあと、女性が「アンケート結果に興味があった場合、後日お電話をください」と連絡先を渡したところ、

  • 「揺れない吊り橋」を渡った男性からの電話は「1割」
  • 「揺れる吊り橋」を渡った男性からの電話は「9割」

だったという調査結果でした。

この実験から、緊張体験を共有した異性に対して恋愛感情を抱きやすいということがわかったのです。

しかし、この「吊り橋効果」は緊張してドキドキしているときに必ず恋愛感情を抱くという意味ではありません。

この恋愛シーンにおける「吊り橋効果」を意味するものは、相手を意識するきっかけになるということです。

「吊り橋効果」の例

映画などで、ピンチに陥った2人が協力してそのピンチを乗り越えていくうちに、徐々に恋愛感情が芽生えていくシーンをご覧になったことはありませんか?これも「吊り橋効果」が使われています。

また、あなたの経験で部活動内でカップルが成立した経験はないでしょうか?

それは、運動によって心拍数が上昇しているときに、同じ練習や、先輩や顧問の先生などに叱られるという恐怖体験を共有しているため、心拍数が上がることを脳が「恋」と勘違いしてしまうことが原因でカップルが成立しやすいのです。

そのため、よく男女がお化け屋敷をデートに使うことがありますが、あれは同じ恐怖体験を共有するうえに、暗い密室で距離が近づくため、2人の仲が深まるのです。

「吊り橋効果」をWebマーケティングで使う手法

江波戸

「吊り橋効果」は恋愛だけでなく、Webマーケティングでも応用することができます。

「吊り橋効果」は恋愛だけでしか使えなそうな心理現象ですが、実はマーケティングにも関係しているのです。

ここまで、「吊り橋効果」の意味をお伝えしてきましたが、吊り橋効果の最大のポイントは、

「吊り橋効果」のポイントは、一緒に恐怖や不安な体験を感じていること!

そのため、コンテンツを作成するときに、「読み手が感じている不安や悩みを自分達も体験し、その結果として商品やサービスを紹介する」というコンテンツを作成すると読み手が興味を持ち出します。

参考になるサイトは「mybest」や「customlife」です。

「自分と似たような不安や悩みを突破した」というエピソードを織り交ぜることで、読み手は自分ごとのように共感をして、「自分もその商品やサービスを使えば現状を変えられることができそう!」と考えるようになるのです。

また、その商品やサービス側の立場になって、「つらい◯◯を乗り越えた結果、◯◯を手に入れることができました!」などのようなキャッチフレーズを織り交ぜることで、その商品やサービスに親近感を持たせることができるようになります。

関連記事

他の心理学で読み手に「親近感」を抱かせる方法は以下の記事を参考に!

【心理学】親近効果の意味は?恋愛やマーケティングで使う例を解説!初頭効果もご紹介!

まとめ|「吊り橋効果」を使って読み手が共感できるコンテンツを!

江波戸

この記事では、「吊り橋効果」についてお伝えしてきました。

この記事でお伝えしたことをまとめると、

  • 「吊り橋効果」とは、吊り橋の上のような不安や恐怖を感じる場所で出会った人同士が一緒に時間を過ごしたことにより、恋愛感情を抱きやすくなるという心理効果のこと
  • 恋愛シーンにおける「吊り橋効果」の意味は、相手を意識するきっかけになるということ
  • コンテンツ作成時、「読み手が感じている不安や悩みを自分達も体験し、その結果として商品やサービスを紹介する」と読み手の共感が深まる

です。

ぜひこの心理効果を応用してみましょう!