>>心理学まとめ

「スティンザー効果」の意味や語源とは?座る位置で好印象を与える心理学用語を解説

<アイキャッチ>スティンザー効果

江波戸

江波戸(えばと)です。

Webマーケター兼ライターをしています。

「スティンザー効果」は、会議やカフェ、レストラン、恋愛で活用されている心理学用語です。まず、結論から言ってしまうと、「スティンザー効果」とは、ヒトとの距離感において、座る位置によってその人と自分の関係性やお互いの陥りやすい思考などの指標になる心理効果を言います。

つまり、会議やカフェなどで座る位置によってヒトが感じやすい印象があるということです。

この記事では、「スティンザー効果」の意味や語源を解説しながら、さまざま具体例、英語表現を紹介します。

江波戸

最後まで読むことで、スティンザー効果のすべてを知ることができますよ!
この記事の内容
  • SNSの言及
  • 意味
  • 語源と由来
  • 英語表現
  • 具体例
  • 対策する方法

上記の流れでご紹介していきます。

SNSで問われている「スティンザー効果」の言及

以下のようにSNSでは「スティンザー効果」についての意見などが多く見受けられました。

江波戸

あなたもこの記事で「スティンザー効果」を理解することで、どんな場面で使われているのかがわかるのでぜひ最後まで読んで覚えてくださいね!

「スティンザー効果」は座る位置によって相手に与える印象が異なる

「スティンザー効果」は集団行動でみられる

「スティンザー効果」の意味とは?

<画像>スティンザー効果の意味

江波戸

まず、スティンザー効果の意味について解説します。

スティンザー効果

意味:ヒトとの距離感において、座る位置によってその人と自分の関係性やお互いの陥りやすい思考などの指標になる心理効果。

「スティンザー効果」の意味は、「ヒトとの距離感において、座る位置によってその人と自分の関係性やお互いの陥りやすい思考などの指標」

「スティンザー効果」とは、ヒトとの距離感において、座る位置によってその人と自分の関係性やお互いの陥りやすい思考などの指標になる心理効果を言います。

簡単に言うと、座る位置関係によって、相手への印象が変わるということです。

ポイント
  • 「スティンザー効果」の意味は、座る位置関係によって、相手への印象が変わる。

「スティンザー効果」の語源と由来

江波戸

スティンザー効果の語源と由来を解説します。

「スティンザー効果」の由来は、アメリカの心理学者であるスティンザーが実証した心理学のため、名前を取って「スティンザー効果」と呼ばれるようになりました。

この実証実験ではスティンザーが約30年の年月を経てデータをまとめていました。

ポイント
  • アメリカの心理学者であるスティンザーが実証した心理学のため、名前を取って「スティンザー効果」。

「スティンザー効果」の英語・英語例文・英語表現

江波戸

スティンザー効果の英語表現を解説します。

「スティンザー効果」は英語で「Stinser Effect」

「スティンザー効果」は英語表記で”Stinser Effect”と表記します。

この“Stinser”は心理学者の名前であるスティンザーより使われています。

ポイント
  • 「スティンザー効果」は英語で「Stinser Effect」

「スティンザー効果」の具体例

江波戸

「スティンザー効果」という心理用語は、具体的にどの場面で利用されているのかを解説していきます。

それでは1つずつ解説していきます。

スティンザー効果は会議で使われている

「スティンザー効果」は会議で使われています。

会議において複数人がテーブルに座る場合、その座り方の位置関係で印象が植え付けられます。

その読み取られる印象は以下の通りです。

  • 相手が正面に座るとき:自分とは反対の意見を持つ。ライバル視されている。敵対されている。
  • 自分の横に座るとき:自分の味方になりやすい。自分と同じ意見を持つ。頼られている。
  • 自分の斜めに座るとき:ストレスなく、親しい関係を構築可能。ちょうど良い立場関係。

座る位置関係だけで上記のような印象を与えるのです。

スティンザー効果はカフェやファミレスなどで使われている

友達同士でご飯を食べに行くときでも、テーブルの座る位置関係でスティンザー効果が働きます。

これも同様に以下の印象が読み取られます。

  • 相手が正面に座るとき:自分とは反対の意見を持つ。ライバル視されている。敵対されている。
  • 自分の横に座るとき:自分の味方になりやすい。自分と同じ意見を持つ。頼られている。
  • 自分の斜めに座るとき:ストレスなく、親しい関係を構築可能。ちょうど良い立場関係。

スティンザー効果は恋愛で使われている

意外にもスティンザー効果は恋愛でも使われています。

例えば、相手との距離を縮めたい、関係性を深いものにしたいという場合は、正面に座らない方が良いと言われています。

これはスティンザー効果が働くからですね。

なので、相手との関係を深めたければ、デートをするときに隣に座れるバーなどでデートをすると良いでしょう!

もしくは、ベンチなどで横並びに座り、親密な時間を深めることをおすすめします。

「スティンザー効果」を対策する方法

<画像>会議をうまく進める方法

江波戸

スティンザー効果を対策する例として「会議」を用いて紹介します。

もちろん座る位置関係が大事なのですが、ここでは座る位置関係に関係なく会議をうまく進めるための方法を解説します。

  1. 正面に座る人は、反対意見を持っている可能性が高い
  2. 発言のあとに、すぐ次の発言をするもしくは途中で発言をする人は反対する場合がある
  3. 議長の主導権の強さによって会議全体が左右される

それでは1つずつ詳しく解説します。

正面に座る人は、反対意見を持っている可能性が高い

正面位座る人とは、対立関係になりやすいです。

そのため、できるだけ対立関係になりやすそうな人とは

  • 横の位置に座る
  • 斜めの位置に座る

ことを意識しましょう!

そうすることで、関係性も良好になるかもしれませんよ!

発言のあとに、すぐ次の発言をするもしくは途中で発言をする人は反対する場合がある

発言のあとすぐに発言するもしくは途中で発言してくる人は、ほとんど反対の意見を持つ人です。

そのため、あなたが賛成する意見があったときは、すぐにその意見を後押しする発言をすることをおすすめします。

そうすることで、反対の発言を妨げることができるからです。

議長の主導権の強さによって会議全体が左右される

議長の主導権の強さで話す相手が異なってきます。

例えば、

  • 議長が弱い:正面に座っている人と話す
  • 議長が強い:隣に座っている人と話す

これを覚えておくだけで、会議の全体の流れを把握できますよ!

まとめ|「スティンザー効果」で相手に好印象を与えよう!

<画像>この記事のまとめ

さいごに、この記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 「スティンザー効果」とは、ヒトとの距離感において、座る位置によってその人と自分の関係性やお互いの陥りやすい思考などの指標になる心理効果
  • アメリカの心理学者であるスティンザーが実証した心理学のため、名前を取って「スティンザー効果」
  • 「スティンザー効果」は英語で「Stinser Effect」

横もしくは斜めに座ることで親密な関係を築くことができます。

また、人見知りなタイプで目を見て話すことが苦手なタイプでも、横や斜めだと話しやすくなるので、横や斜めに座ることを活用してみてくださいね!