>>心理学まとめ

「ラベリング効果」の意味や語源とは?恋愛や血液型占い、子育てで使う方法、論文も解説

江波戸

会社員で複数のメディア統括をしている江波戸(えばと)です。(主にSEO担当)

Webマーケター兼ライターをしています。

「ラベリング効果」は、「ラベリング理論」、「ピグマリオン効果」と似ている心理学用語で、子育てや血液型占いなどさまざまな場面で活用されています。まず、結論から言ってしまうと、「ラベリング効果」とは、固定概念や先入観など勝手なイメージでラベリングされた人や物はその通りのイメージを持ってしまうという心理効果を言います。

つまり、ラベリングされた人がイメージ通りに行動することを「ラベリング効果」と言います。人の評価を固定させる「ラベリング効果」は、人や商品などさまざまな場面で働いています。

江波戸

マーケターが最後まで読むことで、「ラベリング効果」を活用し商品をブランド化することで信頼感アップやリピーターが増えるようになりますよ!
読むのが面倒な方は…

※すぐにマーケティングで応用する方法を知りたい方は【「ラベリング効果」をマーケティングで使う方法】をクリックでジャンプします。

この記事の内容
  • SNSでの言及
  • 意味
  • 語源と由来
  • 英語表現
  • ラベリング理論とピグマリオン効果
  • 具体例
  • 子育てで使う方法
  • 血液型占いで使われている
  • ビジネスで活用する方法
  • マーケティングで使う方法
  • 注意点
  • 論文

上記の流れでご紹介していきます。

目次

SNSで問われている「ラベリング効果」の言及

以下のようにSNSでは「ラベリング効果」についての意見などが多く見受けられました。

江波戸

あなたもこの記事で「ラベリング効果」を理解することで、どんな場面で使われているのかがわかるのでぜひ最後まで読んで覚えてくださいね!

「ラベリング効果」の意味とは?

<画像>「ラベリング効果」の意味

江波戸

まず、ラベリング効果の意味について解説します。

ラベリング効果

意味:固定概念や先入観など勝手なイメージでラベリングされた人や物はその通りのイメージを持ってしまうという心理効果。

「ラベリング効果」の意味は、「勝手なイメージでラベリングされた人や物はその通りのイメージを持たれてしまう」

「ラベリング効果」とは、固定概念や先入観など勝手なイメージでラベリングされた人や物はその通りのイメージを持ってしまうという心理効果を言います。

簡単に説明すると、相手に対して、「あなたは◯◯な感じだね!」と決めつけるようなラベルを張ることで、ラベル通りの行動をするようになるということです。

人の場合だと、ラベリングされた通りの行動をとるといった、相手の心理を動かすテクニックとしても活用されており、さまざまな場面で働いているのでしっかり理解していきましょう!

ポイント
  • 「ラベリング効果」の意味は、固定概念や先入観など勝手なイメージでラベリングされた人や物はその通りのイメージを持ってしまうという心理効果。

「ラベリング効果」の語源と由来

江波戸

次に、「ラベリング効果」の由来を紹介します。

「ラベリング効果」は1960年代にハワード・ベッカーらによって「ラベリング理論」が提唱されたことから由来しています。

「ラベリング理論」は犯罪心理学や刑罰学などで用いられ「ラベリング効果」とは変わった意味になるので注意しましょう。

ポイント
  • 「ラベリング効果」は1960年代にハワード・ベッカーらによって「ラベリング理論」が提唱された。

「ラベリング効果」の英語・英語例文・英語表現

江波戸

「ラベリング効果」の英語表現は以下の通りです。

「ラベリング効果」は英語で「Labeling Effect」

「ラベリング効果」は英語表記で”labeling effect”と表記します。

「ラベリング効果」は英単語の「labeling」と効果の意味を持つ「effect」から由来している名前ですが、「labeling」とはどういう意味を持つのでしょうか?

「labeling」とはlabelの現在分詞で以下の意味を持ちます。

  • はり札
  • はり紙
  • ふせん
  • レッテル

以下では、「labeling」を使った英語例文をご紹介します。

<例文>

  • Obligation of Labeling(表示業務)
  • Labeling, etc. of Products(製品への表示等)
ポイント
  • 「ラベリング効果」は英語で「Labeling Effect」

「ラベリング効果」に似ている「ラベリング理論」と「ピグマリオン効果」

江波戸

「ラベリング効果」の類語には以下があります。

それぞれ詳しく解説します。

「ラベリング理論」の意味

ラベリング理論

意味:犯罪行為によってラベリングされ逸脱した行動をしてしまうこと。

「ラベリング理論」は「ラベリング効果」と少し変わった表現になるので一緒に覚えていきましょう。

それでは、「ラベリング理論」を解説していきます。

「ラベリング理論」とは、犯罪行為によってラベリングされ逸脱した行動をしてしまうことを言います。

一度、犯罪を犯せば悪者というレッテルを張られ繰り返し犯罪をしてしまう「ラベリング理論」は犯罪の常習性に大きく関与していることを覚えておきましょう。

「ピグマリオン効果」の意味

ピグマリオン効果

意味:周りが期待をすれば、その期待に答えるようにその人の能力が向上する心理効果。

「ピグマリオン効果」とは、周りが期待をすれば、その期待に答えるようにその人の能力が向上する心理効果です。

例えば、上司が部下に期待をかけると部下の成績が伸びるというようにポジティブな期待をすればするほど期待に答えてくれます。

部下や後輩、子供の教育などさまざまな場面で有効に活用できるため「ラベリング効果」と一緒に覚えておきましょう。

誤った活用方法は逆効果に繋がるので注意しましょう。

ポイント
  • 「ラベリング効果」の類語には「ラベリング理論」と「ピグマリオン効果」がある。

「ラベリング効果」の具体例

江波戸

続いて、「ラベリング効果」の具体例を詳しくご紹介します。

「ラベリング効果」の例|食品

<画像>食品で使われているラベリング効果の例

例えば、野菜や果物の売り場では食品の産地や品種などがラベル化されていますよね。

鮮度や産地を見て購入する人が多く、食品のブランド化が進んでいるのも「ラベリング効果」が働いているからです。

ポイント
  • 鮮度や産地を見て購入する人が多くなった。

「ラベリング効果」の例|人間関係

<画像>人間関係で使われているラベリング効果の例

「ラベリング効果」で最も分かりやすいのが幼少期に言われていた言葉です。

例えば、「女の子だから、男の子だから~しなさい」なんて言われたことがありませんか?

このような言葉は性別を差別するラベリングとして有名です。

他にも、上司が部下に「なぜいつも仕事ができないんだ!ダメなやつだ!」と言えば言うほど部下は仕事ができないダメな人になってしまいます。

ビジネスにおいて褒め言葉を相手に言えば、そのような行動をとってくれるのが「ラベリング効果」なので有効に活用していきましょう。

ポイント
  • 性別を差別するラベリングがあるので、教育するときは注意する。

「ラベリング効果」の例|自分にラベリングする方法

<画像>自分に使うラベリング効果の例

「ラベリング効果」は相手だけでなく自分にも活用することができます。

自分に対し「何事も真剣に取り組んでしっかりこなせる」というようなレッテルを張ればそのようになれる可能性があります。

また、「誰にでも笑顔で挨拶ができる」などのラベリングをすればいつも笑顔でいる素敵な人になれるというわけです。

自分に対しラベリングをするときは過度なラベリングに注意しましょう。

過度にラベリングすることでプレッシャーに変わってしまい逆効果になるかもしれません。

ポイント
  • 自分にレッテルを張ることで自分がそのレッテルのような人になれる。

「ラベリング効果」の例|営業

<画像>営業で使えるラベリング効果の例

「ラベリング効果」は営業場面でも活用することが可能です。

例えば、商談で資料を提案するときは綺麗なファイルにいれる、渡す際には、「とても良い提案です」などのラベリングをすることで相手に良い商談ができると思わせ契約まで進むことがあります。

見た目も工夫すれば、客にいい印象を与えることができるので細部にも手間をかけるのがより効果的です。

ポイント
  • 「手間暇かけて作りました!」など言うことで、質が良いモノに感じる。

「ラベリング効果」を子育てで使う方法

江波戸

子育てをする過程でも、「ラベリング効果」を使うことができます。

レッテルを貼ることで子どもの行動が変わる

アメリカにあるノースウェスタン大学の心理学者リチャード・ミラーが子どもを被験者に実験を行いました。

◆内容

まず、被験者である子どもたちを2つのグループに分けます。

1つのグループには、「ゴミを捨ててはいけませんよ!」と注意を促しました。

もう1つのグループには、「あなたたちはとてもきれい好きですね!」と言い続けました。

◆結果

その結果、後者のグループの「あなたたちはとてもきれい好きですね!」と言い続けた方の子どもたちの方が、教室をきれいにするようになりmゴミを拾うような習慣がつきました。

もしかすると、掃除事態そのものが苦手だった場合がありますが、レッテルを貼ることにより、子どもの行動が変わったという結果になりました。

なので、ラベリング効果を子育ての過程で使うことで、子どもは「そうすることが当然である」という意識づけになり、習慣化する可能性があるので活用することをおすすめします。

子どもに対しては悪いレッテルを貼るのではなく、常に良いレッテルを貼り続けることが良いです。

ポイント
  • 「あんたはいっつも◯◯なんだから!」というのは悪いレッテルを貼っている例になるので、避けるべき。

「ラベリング効果」は血液型占いでも使われている

江波戸

「ラベリング効果」は血液型占いでも使われています。

血液型占いで使われている例

日本人は占い好きですよね。

血液型で「A型は几帳面!B型は自己中心的!」と性格診断をしているのは日本だけで、外国にはない文化です。

例えば、「A型は几帳面」だと言われていることにより、A型の人は「几帳面」というレッテルを貼られ、無意識に「几帳面」のような行動を取れるように意識してしまっているのです。

ポイント
  • 日本人だけ血液型などの占いでラベリング効果が使われている。

「ラベリング効果」をビジネスで活用する方法

江波戸

「ラベリング効果」はビジネスにも活用することができます。

ビジネスで活用することで、効果的に利益を見込めることができますよ!

部下や同僚のモチベーションや士気を上げる方法

「ラベリング効果」を使えば、部下や同僚のモチベーションや士気を上げることができます。

例えば、

  • 「作業スピードが早いね!」
  • 「隅々まで確認しててえらいね!」
  • 「まったくミスなくて効率も良いね!」

このような褒め言葉を部下や同僚に使うことにより、無意識に暗示がかかって実際に作業スピードが速くなったりするのです。

コツとしては、相手の容姿を褒めるのではなく、行動を褒めてあげましょう!

ポイント
  • 部下や同僚の仕事に対する行動を褒めることで、実際にそのような行動を継続的に続けるようになる。

「ラベリング効果」をマーケティングで使う方法

江波戸

「ラベリング効果」は相手の心理を動かすテクニックとして活用できます。

食品にはラベルを貼ってブランド戦略を行う

例えば、生鮮食品にはラベルを付けてブランド化をはかるのが効果的です。

ラベリングされている商品は特別感を演出することができ、消費者に信頼感を与えます。

そうすることで購入意欲を向上させることができます。

また、信頼感アップだけでなく名前を覚えてもらい、何度も購入するリピーターも増えるのでしっかり活用していきましょう。

他に信頼感をあげることができる心理学である「バーナム効果」と「ウィンザー効果」があるので一緒に覚えておきましょう!

注意点

商品をラベリングするときは、責任重大ということを意識しておきましょう。

一度、信頼を失った商品は二度と購入してもらえないのでブランド化するときは商品をしっかり考えることが重要です。

ポイント
  • 食品にラベルを貼ることでブランド戦略をすることができる。

「ラベリング効果」の注意点

江波戸

次に、「ラベリング効果」の注意点を解説します。

カウンセリングでは「ラベリング効果」を使ってはいけない

カウンセリングをするときにはラベルを張らないようにしましょう。

つまり、先入観で人を判断してはいけないということです。

相手の立場になって物事を考える

悩み事などを相談されたときに、まずは相手の相談内容を相手の立場になって考えてあげましょう。

これは、カウンセリングの業界では、「受容的態度」と「共感的理解」と呼ばれています。

カウンセリングするときや相談などを受けたときは、できる限り、その人に対して貼っていたラベルをすべて捨てるようにしてください。

そうすることで、相手の立場になって相手に寄り添ったパートナーになることができます。

ポイント
  • カウンセリングや相談を受けたときには、ラベルをすべて捨てるようにする。

「ラベリング効果」の論文

江波戸

ここでは「ラベリング効果」の論文をまとめておきます。

ぜひ参考にしてくださいね!

援助行動におけるラベリングの効果

著者情報

名前:高山 典子
所属:学習院大学
収録刊行物:実験社会心理学研究

◆この論文をチェックする

論文を見る

歴史的事実の誤認識における「ラベリング効果」について

著者情報

名前:工藤 与志文など計2人
所属:札幌学院大学人文学部
収録刊行物:札幌学院大学人文学会紀要

◆この論文をチェックする

論文を見る

抑止理論およびラベリング理論の検証

著者情報

名前:津富 宏
所属:矯正協会附属中央研究所
収録刊行物:理論と方法

◆この論文をチェックする

論文を見る

ラベリングが消費行動に与える効果

著者情報

名前:金子 充、臼井 浩子、宇田 詩織、大池 寿人、落合 彩映、神﨑 啓慎、検見﨑 誠矢、山田 南帆、守口 剛
所属:非掲載
収録刊行物:マーケティングジャーナル

◆この論文をチェックする

論文を見る

消費者の状況と特性を考慮したラベリングの効果

著者情報

名前:芹沢 彩香
所属:駒澤大学経営学部市場戦略学科
収録刊行物:駒澤大学経営学部市場戦略学科

◆この論文をチェックする

論文を見る

まとめ|「ラベリング効果」とは、周囲から勝手な固定概念や先入観だけでラベリング(印象を固定化させる)される心理効果。

<画像>この記事のまとめ

さいごに、この記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 「ラベリング効果」とは、周囲から勝手な固定概念や先入観だけでラベリング(印象を固定化させる)される心理効果
  • 「ピグマリオン効果」とは、周りが期待をすれば、その期待に答えるようにその人の能力が向上する心理効果
  • 「ラベリング効果」は1960年代にハワード・ベッカーらによって「ラベリング理論」が提唱されたことから由来
  • 「ラベリング効果」の類語・言い換え表現は「ラベリング理論」「ピグマリオン効果」
  • 「ラベリング効果」は相手の心理を動かすテクニックとして活用できる

「ラベリング効果」とは、人や物に印象を固定させることで、周囲からもラベリングされた通りのイメージを持たれてしまうことを言います。

子育てやビジネス、恋愛などさまざまな場面で活用することが可能です。

商品にはラベルを付けることで消費者に信頼感を与えることができます。

ブランド化すれば、リピーターも増えること間違いなしです。

マーケティングにおいてしっかり活用していきましょう!