>>心理学まとめ

【恋愛心理学】ラベリング効果のマインドコントロールで相手を自分の理想像に導こう!

<画像>ラベリング効果

ご覧いただきありがとうございます。

江波戸

江波戸(えばと)です。

Webマーケター兼ライターをしています。

「ラベリング効果を使った恋愛テクニックって…?」

こんな疑問を解消します。

「ラベリング効果」とは、周囲から勝手な固定概念や先入観だけでラベリング(印象を固定化させる)される心理効果を言います。

つまり、人は自分に貼られたレッテルに基づき、レッテルに近い人になる行動をしようとする心理学です。

レッテルとは、ある人物やモノなどに対して一方的・断定的に評価をつけること。

この記事では、「ラベリング効果」を使った恋愛テクニックをご紹介します。

恋愛において、相手を褒めるときに「ラベリング効果」を使うことができるので、ぜひ参考にしてくださいね!

江波戸

「ラベリング効果」について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね!

【心理学】ラベリング効果とは?意味や恋愛・営業・自分に使う具体例までご紹介!ピグマリオン効果も解説!

そもそも「ラベリング効果」とは?

<画像>ラベリング効果

江波戸

まず、ラベリング効果の意味についてご紹介します!

ラベリング効果

読み:らべりんぐごんこうか

固定概念や先入観など勝手なイメージでラベリングされた人や物はその通りのイメージを持たれてしまうという心理効果。

「ラベリング」とは、人や物に対し印象を固定させる名前をつけることを言います。

固定概念や先入観など勝手なイメージでラベリングされた人や物はその通りのイメージを持たれてしまうことを「ラベリング効果」と呼びます。

人の場合だと、ラベリングされた通りの行動をとるといった、相手の心理を動かすテクニックとしても活用されており、さまざまな場面で働いているのでしっかり理解していきましょう!

恋愛における「ラベリング効果」の具体例

<画像>恋愛における具体例

「ラベリング効果」はさまざまな場面で応用されています。

恋愛においては、「自分が相手の性格や行動を無意識のうちに誘導することができる」というのが「ラベリング効果」と言われています。

それぞれ詳しく解説します。

相手の気持ちを変える方法

好きな相手やすでに付き合っている相手でもあなたが苦手な部分は少なからずあるでしょう。

「直してくれたら嬉しいなぁ…」と思いつつも、変わらないことがほとんどなはずです。

そういうときは「ラベリング効果」を使いましょう!

つまり、あなたが望むような相手だと思い込んで接するようにするだけで、前向きに捉えられることもありますよ!

あなたの見方も変われば、自然と相手の気持ちも変わってきます。

相手のダメな部分を直す方法

「ラベリング効果」は無意識のうちに、あなたが思う理想像に相手を導くことができる心理効果です。

あなたの考え方がポジティブになるだけで、マイナスなことやネガティブな発想をしなくなります。

すると同時に、周りにいる人も明るくなるのです。

ですから、あなたがそういったポジティブな考え方をするだけで、相手も明るい人に変わっていきますよ!

「ラベリング効果」を恋愛で活用するには?

<画像>恋愛で応用する方法

「ラベリング効果」は実は恋愛でも使える心理学です。

詳しく、以下のパターンで使うことができます。

  1. パートナーを褒める

パートナーを褒める

<画像>パートナーを褒める

恋愛で「ラベリング効果」を活用すればパートナーと円満な関係を保つことができます。

例えば、いつも怒りやすい彼氏に対し「あなたは優しいね」と声をかけていくと本当に優しい人になっていきます。

何度も声掛けをすることで、暗示にかかりいつも怒りやすい彼氏が小さなことで怒らなくなります。

このように関係性がさらに良くなるのでポジティブな言葉を意識しましょう!

まとめ|レッテルを貼り付けてパートナーを自分の理想像に導こう!

<画像>この記事のまとめ

さいごに、この記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

まとめ
  • パートナーを褒める

固定概念や先入観など勝手なイメージでラベリングされた人や物はその通りのイメージを持たれてしまうことを「ラベリング効果」と呼びます。

「ラベリング効果」を使うことで、相手との関係がをより築くことができるうえに、あなたもポジティブになることができます。

ぜひ「ラベリング効果」を恋愛で使ってみてくださいね!