>>心理学まとめ

「ジョハリの窓」の意味とは?研修や授業で使う方法も解説

<アイキャッチ>ジョハリの窓

江波戸

江波戸(えばと)です。

Webマーケター兼ライターをしています。

「ジョハリの窓」は、研修や授業などでも活用できる心理学用語です。まず。結論から言ってしまうと、「ジョハリの窓」とは、自分の性格を知りながら(自己分析)他人との関係を知ってコミュニケーションを円滑にする心理学を言います。

この記事では、「ジョハリの窓」の意味を解説しながら、ジョハリの窓を使って潜在的な自分を発見する方法を詳しく解説していきます。

江波戸

最後まで読むことで、ジョハリの窓の意味や活用方法を理解できるので、ジョハリの窓を使った研修や授業を行うことができますよ!

この記事の内容
  • SNSの言及
  • 意味
  • 自分の性格を理解してみる
  • 4つの窓の理解
  • メリット

上記の流れでご紹介していきます。

SNSで問われている「ジョハリの窓」の言及

以下のようにSNSでは「ジョハリの窓」についての意見などが多く見受けられました。

江波戸

あなたもこの記事で「ジョハリの窓」を理解することで、どんな場面で使われているのかがわかるのでぜひ最後まで読んで覚えてくださいね!

人には4つの窓があるという「ジョハリの窓」

「ジョハリの窓」を使えばストレスを軽減できる


「ジョハリの窓」の意味とは?

<画像>ジョハリの窓の意味

江波戸

まず、ジョハリの窓の意味について解説します。

ジョハリの窓

意味:自分の性格を知りながら(自己分析)他人との関係を知ってコミュニケーションを円滑にする心理学。

「ジョハリの窓」の意味は、「自分の性格を知りながら(自己分析)他人との関係を知ってコミュニケーションを円滑にする」

「ジョハリの窓」とは、自分の性格を知りながら(自己分析)他人との関係を知ってコミュニケーションを円滑にする心理学です。

ジョハリの窓はアメリカの心理学者であるジョセフとハリーが体系化したとして有名です。

この2人の心理学者のファーストネームをとって「ジョハリの窓」と呼ばれるようになりました。

「ジョハリの窓」は、潜在的な自分を確認する方法として、企業の研修や授業などで幅広く活用されています。

この記事を読んでいるあなたも自己分析ができてないのであれば、この記事を読んでジョハリの窓を活用して自分の潜在的な部分を確認してみるのもおもしろいはずですよ!

ポイント
  • 「ジョハリの窓」の意味は、自分の性格を知りながら(自己分析)他人との関係を知ってコミュニケーションを円滑にする心理学。

あなたは自分の性格を理解している?

江波戸

あなたは自分の性格を明確に理解していますか?

自分の性格は理解しにくいもの!

例えば、「私は◯◯な性格です。なぜなら◯◯だからです!」とハッキリいうことができるでしょうか?

自分の性格をつらつらと述べることができる人はほとんどいません。

さらに言えば、あなたの周りの人から「あなたは◯◯な部分があるよね!」と指摘されたときに、「え、こんな印象を持っていたの…?」と驚いた経験がないでしょうか?

意外と、自分の性格をわかっているようで、実はまったくわかっていないのかもしれません。

むしろ、わかっていた気でいたのかもしれませんね。

自分の性格はわからないものです。

誰だって、自分の性格に「未知の自分」を持っているのでしょう。

ポイント
  • 自分の性格はわからないもの。

このような「未知の自分」、つまり潜在的な自分を発見するのに「ジョハリの窓」が活用できるので、詳しくお伝えしていきます。

「ジョハリの窓」は4つの窓に分類される

江波戸

「ジョハリの窓」は以下の4つの窓に分類されます。

4つの窓の種類

  1. 解放の窓(自分も相手も知っている自分)
  2. 盲点の窓(相手は気づいていても自分は気づいていない自分)
  3. 隠蔽の窓(自分では気づいていても表に出していない自分)
  4. 未知の窓(自分も相手も気づいていない自分)

それぞれの詳細は以下の図を参考にしてください。

<画像>ジョハリの窓の4つの窓

上記でお伝えした4つの窓に自分を当てはめてみると、自己分析ができるはずです。

これで自分自身のことがある程度わかりましたよね?

ポイント
  • 上記の4つの表を見れば、自己分析ができる!

自然体の自分でいるために

江波戸

他人との付き合いで、先ほどお伝えした「盲点の窓」を小さくするようにしましょう!

そして、自分も相手も知っている「解放の窓」をできるだけ大きくてください。

「未知の領域」を狭くして、自然体な自分になる

自分自身をオープンにすることで、「未知領域」が狭くなりますよね。

そうすることで、より自然体な自分になれることは間違いありません!

自然体の自分になるためには、やっぱり他人とのコミュニケーションは欠かせません。

ヒトは他人との関わらないと、自分を見つけることができないことを理解しておきましょう!

ポイント

他人と積極的に関わって、解放の窓を広げることで、自然体な自分でいることができる!

ジョハリの窓を研修や授業で使うメリット

江波戸

ジョハリの窓を研修でや授業で使うと以下のようなメリットがあります。

上記のメリットを詳しく解説します。

自己開示の度合いがわかる

ジョハリの窓を研修や授業で導入することで、自己を今まででどれだけ解放しているのかを知ることができます。

例えば、

  • 無口
  • 秘密主義
  • 感情や表情を表に出さない

上記のようなタイプの人がジョハリの窓を使うことで自分をより知ることができるでしょう!

つまり、ジョハリの窓は自己分析ツールと捉えてしまってもいいかもしれませんね!

他人からどう思われているのかがわかるので、より自分を知れる

ジョハリの窓を使うことで、

  • 今まで知らなかった自分を知ることができる
  • 長所や短所に気づく

このようなメリットがあります。

これを早めに知ることで、何をどこまで伸ばす必要があるか、改善すべきかが理解できるのでぜひジョハリの窓を自己分析ツールとして研修や授業で使ってみてくださいね!

社員同士のコミュニケーションが円滑になる

企業の研修や大学の授業にジョハリの窓を導入することで、社員同士のコミュニケーションを円滑にすることができます。

つまり、

  • 対人関係スキルの向上
  • 会話の行き違いを防ぐ

など個人としても成長することができるのです。

それぞれが自分を見つめ直すことができるので、今までの業務のやり方を見つめ直すことができる時間でもあります。

それにより、業務もスムーズに進めることができるようになったりします。

新卒研修でも使うことができるのでぜひ試してみてくださいね!

まとめ|「ジョハリの窓」を研修や授業で行うメリットが大きい!

<画像>この記事のまとめ

さいごに、この記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 「ジョハリの窓」とは、自分の性格を知りながら(自己分析)他人との関係を知ってコミュニケーションを円滑にする心理学
  • 「ジョハリの窓」は解放の窓、盲点の窓、隠蔽の窓、未知の窓の4つの窓に分類される
  • ジョハリの窓を研修で行うメリットが大きい

ヒトは無意識に周りの人を勝手に評価したり比べています。

ジョハリの窓は自分が人をどう評価しているか、自分がどう評価されているかを知ることができる手段です。

あなたが気づいてない部分を他人に指摘されると落ち込んでしまうかもしれません。

ただ短所を早めにすることができれば、改善できる余地があるということです。

ジョハリの窓は個人だけでなく、グループとしても潜在能力を開花することができます。

ですから、企業の研修や大学のゼミの授業で積極的にこのジョハリの窓の自己分析を活用してみてくださいね!