>>心理学まとめ

【具体例】「バーナム効果」の例を具体的にご紹介!

<アイキャッチ>バーナム効果の具体例

ご覧いただきありがとうございます。

江波戸

江波戸(えばと)です。

Webマーケター兼ライターをしています。

「バーナム効果の例を知りたい…!」

こんな疑問を解消します。

「バーナム効果」とは、誰にでも当てはまりそうなことを、あたかも自分にピッタリ言われているかのように感じてしまう心理効果を言います。

簡単に説明すると、「本当に自分のことを言われている…」と感じてしまうことです。

この記事では、「バーナム効果」の例をどの記事よりも具体的にわかりやすく解説します。

最後まで読むことで、あなたがどのように「バーナム効果」を使えばいいのか参考になる例をたくさん知ることができますよ!

「バーナム効果」について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね!

バーナム効果の意味は?占いや血液型で使われている例、マーケティングで使える方法までご紹介

そもそも「バーナム効果」とは?

<画像>バーナム効果の意味

江波戸

まず、バーナム効果の意味について解説します。

バーナム効果

読み:ばーなむこうか

誰にでも当てはまりそうなことを、あたかも自分にピッタリ言われているかのように感じてしまう心理効果。

「バーナム効果」とは、誰にでも当てはまりそうなことを、あたかも自分にピッタリ言われているかのように感じてしまう心理効果を言います。

星座占いや血液型占いなどの個人の性格を診断するような誰にでも該当するような正確ではなく、曖昧な表現をしていることで、自分にあたかも言われているかのように捉えてしまうことです。

バーナム効果が使われている具体例

<画像>バーナム効果の具体例

さて本題ですが、ここでは「バーナム効果」を使った具体例を詳しく解説していきます。

バーナム効果の例は以下の通りです。

それでは1つずつ解説します。

占いで使われている例

バーナム効果は占いで使われていることが多いです。

占いでよく以下の言葉を耳にしませんか?

占い師

あなたには今、想っている人がいますよね?

このような曖昧な表現をされることで、言われた本人は

「えっ…確かにいる…見抜かれてる…」

とその占い師のことを信じてしまうのです。

ただ、だいたいの人は家族や友達、恋人や好きな人、仕事の同僚など誰かしらのことは考えているものなので誰にでも当てはまってしまう表現です。

つまり。言ってしまえば「インチキ」ということです…。

ただバーナム効果により、「私のこと全部見抜かれている…」と思ってしまうんですね。

血液型で使われている例

「血液型」もバーナム効果が利用されています。

日本では、「A型は几帳面」、「B型は自己中心的」、「O型は大雑把」、「AB型は変人」など決められていますが、海外ではありません。

なぜなら、血液型占いや血液型で性格をイメージするのは日本だけだからです。

あなたがA型だった場合、少しでも几帳面なところがあれば周りから「A型だから几帳面だなぁ〜」と言われるでしょう。

これがバーナム効果なのです。

恋愛で使われている例

バーナム効果が恋愛で使われている例は以下の記事を参考にしてください!

<アイキャッチ>バーナム効果【恋愛心理学】バーナム効果を使って「私に当てはまっている」と錯覚させるテクニックをご紹介!

特定の相手に向けて発信しているように見せる例

大勢の人に当てはまるようなことを言っても、その特定の相手だけに向けて言っていると思わせることができます。

先ほどお伝えした「血液型」も同じですが、「星座」や「生年月日」を使った占いもありますよね。

  • A型だから1つのことにしか集中ができなくなる
  • 乙女座だからいくら睡眠がとれても眠いことがある

など誰にでも当てはまりそうなことでも、その人が「必ず◯◯な性格だ!」ということはありませんよね。

バーナム効果を特定の相手に向けて発信しているように見せるのであれば、「みんな」という主語ではなく「あなたは」「◯◯さんは」「君は」という主語にすることでバーナム効果を働かせることができます。

発信する人の信頼性や信憑性を高める例

バーナム効果は、発信者の肩書きや権力、地位に左右されます。

より高い権力がある人や憧れている人が発信する訴えや情報の方が、ヒトは強く信じ込んでしまいます。

ただこれは一概に権力や憧れを抱かれていない人でも使うことができるのです。

例えば、

  • 詳しい情報元を伝える
  • 「◯◯によると…」と発信者を伝える
  • 論文などを引用する

上記のようなことをすることで、あなたの発信を補って強力なものにしてくれますよ!

ポジティブなことを伝える例

ヒトはポジティブな前向きなことを言われて方が信じやすくなります。

なので、できるだけネガティブな否定的なことを言うことできるだけ避けましょう!

前乗り目に聴いてもらうには、明るい内容を増やすことをおすすめします。

信頼性を高めるためには、「◯◯なこともありますが、◯◯なことがたくさん続くでしょう!」のように前半にデメリットで後半にメリットを伝えましょう!

営業のセールストークで使える例

営業のセールストークで使うためには、誰にでも共通する悩みを把握することで使うことができます。

例えば、お客様に対して、誰にでも当てはまりそうな言葉を

  • ◯◯で悩んだことはないですか?

と誰にでも当てはまる悩みであっても、悩みは悩みなので「あぁ〜確かに!」とお客様は思うでしょう。

そうすることで、相手の興味をひくことができるのです。

さらに、相手が「確かになぁ〜」と思ってもらえるような質問を繰り返して、そのまま自然な流れで商品やサービスの紹介ができるとお客様の購買意欲も増していくでしょう!

まとめ|「バーナム効果」の具体例を参考にしてあなたも使ってみよう!

<画像>まとめ|「バーナム効果」を広告で取り入れよう!

さいごに、この記事でお伝えしたことをまとめると「バーナム効果」が使われている例と活用する例は以下の通りです。

使われている例
  • 占いで使われている例
  • 血液型で使われている例
  • 恋愛で使われている例
  • 特定の相手に向けて発信しているように見せる例
  • 発信する人の信頼性や信憑性を高める例
  • ポジティブなことを伝える例
  • 営業のセールストークで使える例

バーナム効果」とは、誰にでも当てはまりそうなことを、あたかも自分にピッタリ言われているかのように感じてしまう心理効果を言います。

「バーナム効果」はさまざまな場面で使われているので、この記事でお伝えした例を参考に使ってみてくださいね!