>>心理学まとめ

【論文】「バンドワゴン効果」に関する全論文集

<アイキャッチ>バンドワゴン効果の論文

ご覧いただきありがとうございます。

江波戸

江波戸(えばと)です。

Webマーケター兼ライターをしています。

「バンドワゴン効果の論文を知りたい!」

この記事では、「バンドワゴン効果」に関する論文を網羅的にまとめています。

「バンドワゴン効果」とは、ある製品や事柄に対し、多数の人がそれを支持、賛同している場合に、その製品や事柄への支持、賛同がとても高くなるという心理効果を言います。

「バンドワゴン効果」はさまざまな状況で使う方法ができる心理学です。

この記事を読むことで、「バンドワゴン効果」に関するありとあらゆる論文を見つけることができますよ!

「バンドワゴン効果」について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね!

バンドワゴン効果の意味は?例・広告・マーケティングで使う方法までご紹介

そもそも「バンドワゴン効果」とは?

<画像>バンドワゴン効果の意味

江波戸

まず、バンドワゴン効果の意味についてご紹介します!

バンドワゴン効果

読み:ばんどわごんこうか

ある製品や事柄に、大勢がそれを支持や賛同しているときに、その製品や事柄への支持、賛同がとても高くなるという心理効果。

「バンドワゴン効果」とは、マーケティング経済学政治学社会学でよく使われる行動心理学の用語で、ある選択肢を大勢が選択していることで、その選択肢を選択する人がさらに増加するという心理効果です。

簡単に説明すると、世の中の流行りや周囲の評判を判断材料にしてしまうことです。

つまり、「みんながやっているから」「みんなが買っているから」「みんなも知っているから」などの理由に基づく安心感や欲求などにより、効果が働く心理用語です。

そもそも、「バンドワゴン」とは、行列の先頭に立つ、楽隊車を意味し「時流に乗る」、「勝馬に乗る」、「多勢に与する」という意味を持ちます。

日本人は流行に弱いので、この「バンドワゴン効果」が日常的に働いていると言えます。

「バンドワゴン効果」に関する論文|まとめ

<画像>バンドワゴン効果に関する論文

「バンドワゴン効果」に関する論文をまとめました。

消費者間ネットワークと購買行動:スノッブ効果とバンドワゴン効果

著者情報

名前:桑島 由芙
所属:東洋大学経営学部

◆この論文をチェックする

論文を見る

エージェント集団における同調行動とバンドワゴン効果

著者情報

名前:池見 達也、大野 真、生天目 章
所属:防衛大学校 情報工学科

◆この論文をチェックする

論文を見る

同一消費者内で発生するバンドワゴン効果とスノッブ効果

著者情報

名前:新垣 優樹、柴山 優奈、服部 拓真、鷲田 和宣、呉 シンエ、鈴木 愛恵
所属:中央大学商学部

◆この論文をチェックする

論文を見る

関係性から見る購買行動―ネットワーク分析を用いてー

著者情報

名前:桑島 由芙
所属:東京大学大学院経済学研究科博士課程

◆この論文をチェックする

論文を見る

Bandwagon, Snob and VeblenEffects in the Theory of Consumers’ Demand

著者情報

名前:H. Leibenstein
所属:Oxford University

◆この論文をチェックする

論文を見る

ライベンシュタインおよびロルフスのバンドワゴン効果論

著者情報

名前:佐野正博
所属:不明

◆この論文をチェックする

論文を見る