>>心理学まとめ

「アフォーダンス理論」の意味や語源とは?教育やデザイン、運動、リハビリの事例なども解説

江波戸

江波戸(えばと)です。

Webマーケター兼ライターをしています。

「アフォーダンス理論」は、教育や運動、デザインなどさまざまな場面で活用されている心理学用語です。まず、結論から言ってしまうと、「アフォーダンス理論」とは、過去の経験により、人や物に対する行動や考え方が結び付けられる効果をいいます。

この記事では、「アフォーダンス理論」の意味や語源などを解説しながら、さまざまな事例、Webサイトで活用する方法を紹介します。

江波戸

最後まで読むことで、理解が深まり、身近で活用されている例を知ることができ、あなたもアフォーダンス理論を活用できるようになりますよ!

この記事の内容
  • 意味
  • 語源と由来
  • 英語表現
  • 教育(保育)で活用されている事例
  • 運動で活用されている事例
  • デザインで活用されている事例
  • 四つ葉を見つけることの関係性
  • 人工技能への接近
  • 交通の関係性
  • Webサイトで活用されている事例

上記の流れでご紹介していきます。

目次

「アフォーダンス理論」の意味とは?

<画像>「アフォーダンス理論」の意味

江波戸

まず、アフォーダンス理論の意味について解説します。

アフォーダンス理論

意味:過去の経験により、人や物に対する行動や考え方が結び付けられる効果。

「アフォーダンス理論」の意味は、「過去の経験により、人や物に対する行動や考え方が結び付けられる効果」

「アフォーダンス理論」とは、過去の経験により、人や物に対する行動や考え方が結び付けられる効果をいいます。

これを簡単に説明すると、ドアノブを見てドアを押す、引くと考えてしまうことです。

他にも、信号が赤色に点灯している場合は止まり、青色に点灯するまで待つ。

そして、スイッチがあれば押したくなるのが、「アフォーダンス理論」です。

ですから、元々結び付けられているイメージや考え方などのことをアフォーダンスといい、また固定観念という意味と同様に使われる場合もあります。

この「アフォーダンス理論」は、人の無意識に訴えかけることで、相手の行動を有益な方へと促すことができるため、しっかり勉強して活用していきましょう!

ポイント
  • 「アフォーダンス理論」の意味は、過去の経験により、人や物に対する行動や考え方が結び付けられる効果。

「アフォーダンス理論」の語源と由来は?

江波戸

続いて、アフォーダンス理論の由来を解説します。

「アフォーダンス理論」の語源・由来は、「与える・提供する」という意味を持つ”アフォード”の造語

「アフォーダンス理論」は、「与える・提供する」という意味を持つ”アフォード”の造語です。

生態光学や生態心理学の基底的概念であり、ある行動を促すヒントやきっかけのようなものという意味で用いられるようになりました。

「アフォーダンス理論」の造語を造ったのは、アメリカの知覚心理学者であるジェームズ・J・ギブソンです。

では、ジェームズ・J・ギブソンとはどういった人物なのでしょうか?

認知心理学者の「ギブソン」とは?

ジェームズ・ジェローム・ギブソンとは、知覚に関する研究を専門としている心理学者です。

「アフォーダンス理論」を提唱したことから、生態心理学の領域を切り開いたと周知されました。

ギブソンは、認知心理学とは区別をした直接知覚説を繰り広げており、思想が強いことから、その思想を受け継いだ心理学者を「ギブソニアン」と呼ぶこともあります。

認知心理学者の「ノーマン」とは?

「アフォーダンス理論」は、ギブソンによって提唱されましたが、現在では少し異なる意味で世間に広がっています。

現代の「アフォーダンス理論」に深く関わっているのが、アメリカの認知科学者であるドナルド・アーサー・ノーマンの著書です。

著者には、より強くある行動を促すヒントやきっかけを与えるということが書かれており、現代ではノーマンによって「アフォーダンス理論」が強く活用されているといえます。

「アフォーダンス理論」の意味は異なりませんが、より強調されるようになったきっかけがノーマンの存在だということを一緒に覚えておきましょう!

ポイント
  • 「アフォーダンス理論」は、「与える・提供する」という意味を持つ”アフォード”の造語。
  • ジェームズ・ジェローム・ギブソンとは、知覚に関する研究を専門としている心理学者。

「アフォーダンス理論」の英語・英語例文・英語表現

江波戸

次に、アフォーダンス理論の英語表現を解説します。

「アフォーダンス理論」は英語で「Affordance Theory」

「アフォーダンス理論」は英語表記で”affordance theory”と表記します。

「アフォーダンス理論」は英単語の「afford」と理論の意味を持つ「theory」から由来している名前ですが、「afford」とはどういう意味を持つのでしょうか?

「afford」とは以下の意味を持ちます。

  • 余裕がある
  • 与える
  • 供給する

以下では、「afford」を使った英語例文を紹介します。

  • I can’t afford it.(なかなか手がでません。)
  • Can you afford $50?(50ドル出せますか?)
ポイント
  • 「アフォーダンス理論」は英語で「Affordance Theory」

「アフォーダンス理論」が教育(保育)で活用されている事例

江波戸

「アフォーダンス理論」は子供にも働いています。

子供は、急に大人が想像もできない行動をとり、驚かせる時がありますよね。

ですが、子供は物や環境と自分の行動を原理的に捉えることができしっかりと行動を考えています。

子供は抵抗性を楽しんで経験して学ぶ

例えば、テーブルに立つ子供がいるとします。

それを見た保護者や保育者は、「テーブルに立ってはいけません!」と注意をするでしょう。

ですが、テーブルに食事や物が並んでいるときには、立とうとする子供は少ないです。

なぜなら、子供の考え方にテーブルに立てない状況だと判断されているからです。

他にも、子供は狭い隙間に入ったり、縁石の上を歩くなど意味のない行動を取りますよね。

これらの行動は、不安定な場所や子供の目線で見る環境に抵抗性を取り入れているからです。

抵抗性を楽しみ、経験することで「アフォーダンス理論」を学んでいるのでしょう。

ポイント
  • 子供は、不安定な場所や子供の目線で見る環境に抵抗性を取り入れている。

「アフォーダンス理論」が運動で活用されている事例

江波戸

運動やスポーツでは、「アフォーダンス理論」が常に働いています。

テニスでは、きたボールを打ち返すように元々結び付けられているイメージや考え方から運動やスポーツが成り立ちます。

「アフォーダンス理論」に重要な要素である、環境によってどのような行動をすべきかというのをスポーツでは無意識に考えていることを覚えておきましょう。

ポイント
  • 「アフォーダンス理論」は運動で無意識に働いている。

「アフォーダンス理論」がデザインで活用されている事例

江波戸

「アフォーダンス理論」を最も身近に感じる事例として挙げられるのが、物のデザインです。

街中では、さまざまな物が分かりやすくデザインされていますよね。

ドアノブの例

例えば、ドアノブのない扉であれば押すと開きます。

逆に、ドアノブに引き手がついていれば引くことで扉が開きます。

このように、人間は物の形やデザインから使い方という情報を汲み取り使用しています。

他にも、身近に感じる「アフォーダンス理論」の例を紹介します。

  • 缶や瓶、新聞・雑誌、その他のように区別されているゴミ箱の入口が捨てる物に近い形をしている
  • 駅名が書かれている看板には、進む方向とされるデザインと同時に次の駅が記載されている
ポイント
  • 人間は物の形やデザインから使い方という情報を汲み取り使用している。

「アフォーダンス理論」と四つ葉を見つけることの関係

江波戸

だれでも、四つ葉のクローバーを探したことがありますよね。

この四つ葉を見つける行動には、「アフォーダンス理論」が関わっています。

四つ葉は探してもらうためにあるかのような植物

三つ葉の場合だと、三角形に見えるのに対し四つ葉は四角形、もしくは丸い形をしています。

似たような形で、探されるようにあることから見つけようとしてしまいます。

アフォーダンス理論による人工技能への接近

江波戸

近年、人工技能が搭載されたロボットが続々と登場しています。

人工技能には「アフォーダンス理論」が必要

ロボットは、さまざまな技術を駆使したシステムで、人工技能を実現するためには「アフォーダンス理論」が必要だと言われています。

往来のロボットは、主体の考え方や行動を完全に制御できず高性能な計算機を搭載し脳化するには限界がありました。

そこで、「アフォーダンス理論」を活用することで、古典的な人工知能や情報処理にアプポーチしたロボットを作れるようになったと言われています。

アフォーダンス理論と交通の関係性

江波戸

交通においては、信号機や標識などの環境情報に「アフォーダンス理論」が関係しています。

交通事故防止に「アフォーダンス理論」がある

現在では、信号機や標識などを利用し知覚に訴えかけることで交通事故を防止しています。

ですから、安全に交通できているのは「アフォーダンス理論」が活用され、走行している車両を制御できているからでしょう。

「アフォーダンス理論」をWebサイトで活用する方法

江波戸

さまざまなwebサイトで落とし込まれている定番フレーズは「アフォーダンス理論」を活用しています。

テキストボタンは検索されるために設計されている

Webサイトでは、横長のテキストボックスの中に検索ボタンといった組み合わせをしている広告をよく見かけませんか?

このデザインは、実際にボックスに何かをいれて検索したくなるように設計されています。

また、Web上でURLが青色に装飾され下線があると、クリックすれば他のリンクに飛ぶことが分かりクリックしたくなります。

これらのデザインを、広告やWebサイトに取り入れることで、ユーザーに伝わり誘導しやすくなります。

つまり、ユーザーの分かりやすさを心がけることで人の無意識に訴えかけることができるということです!

ポイント
  • Webサイトには必ずリンクを入れるようにする。

まとめ|「アフォーダンス理論」は、過去の経験により、人や物に対する行動や考え方が結び付けられる効果。

<画像>この記事のまとめ

「アフォーダンス理論」は、過去の経験により、人や物に対する行動や考え方が結び付けられる効果をいいます。

難しく感じるかもしれませんが、しっかり理解しwebサイトで活用することができれば、ユーザーを誘導することが可能です。

「〇〇で検索!」のような定番フレーズは、ついつい押したくなるようなデザインで、行動を促すきっかけやヒントを与えることができますよ。

ぜひ、「アフォーダンス理論」を取り入れてみてくださいね。