>>クラウドソーシングの口コミ・評判

「3Bの法則」の意味とは?具体例を解説し、広告やマーケティングで使う方法を解説

<アイキャッチ>3Bの法則

「3Bの法則」は、主に広告で活用されている心理学用語です。まず、結論から言ってしまうと、「3Bの法則」とは、美人「Beauty」、赤ちゃん「Baby」、動物「Beast」の3Bをブログや広告に取り入れることで、ユーザーの目に留まりやすくなり、好感を持ってもらいやすいという心理的法則をいいます。

この記事では、「3Bの法則」の意味や例などを解説しながら、実際に広告などで使う方法を解説していきます。

江波戸

最後まで読むことで、広告やアイキャッチ作成、クリエイティブで写真を選ぶときに、ユーザーにより魅力的に感じるような写真を選ぶことができますよ!

さらに、SNS広告やアド広告で「3Bの法則」がある写真を使うことで「クリック率(CTR)」も高めることができるようになりますよ!

「3Bの法則」の意味とは?

<画像>3Bの法則の意味

江波戸

まず、「3Bの法則」の意味について解説します。

3Bの法則

意味:美人「Beauty」、赤ちゃん「Baby」、動物「Beast」の3Bをブログや広告に取り入れることで、ユーザーの目に留まりやすくなり、好感を持ってもらいやすいという心理的法則。

「3Bの法則」の意味は、「3Bをブログや広告に取り入れると好感を持ってもらいやすい」という心理効果

「3Bの法則」とは、美人「Beauty」、赤ちゃん「Baby」、動物「Beast」の3Bをブログや広告に取り入れることで、ユーザーの目に留まりやすくなり、好感を持ってもらいやすいという心理的法則をいいます。

この「3Bの法則」はインターネット上に限らず、リアルな場面でも広告に活用されている心理的法則です。

3Bの法則の意味
  • 「3Bの法則」の意味は、美人「Beauty」、赤ちゃん「Baby」、動物「Beast」の3Bをブログや広告に取り入れることで、ユーザーの目に留まりやすくなり、好感を持ってもらいやすいという心理的法則。

また、「3Bの法則」と似ている心理効果で「ベビーフェイス効果」もあるので、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

「3Bの法則」がユーザーに与える印象とは?

江波戸

まず、それぞれ「3Bの法則」の効果を持つ、美人「Beauty」、赤ちゃん「Baby」、動物「Beast」の3Bがどのような心理的働きをするのかを詳しく解説していきます。

美人「Beauty」の心理的働き

これはFacebookなどのSNS広告に多く使われています。

また、女性の憧れの芸能人などを活用して化粧品やヘアシャンプーなどのCMにも使われています。

女性は、美人に対して強く憧れを持ちます。

一方、男性は美人に対して魅力を感じます。

この心理作用を利用することで、美人を広告で活用することにより、ユーザーの目を惹きつける効果が生まれます。

なので、SNS広告では美人の画像をクリエイティブに活用することで、目にとまりやすくなることから、CTR(クリック率)も上昇するので、ネイティブアド広告などのクリエイティブに活用すると良い効果が期待できます。

赤ちゃん「Baby」の心理的働き

赤ちゃんの可愛さは、ユーザーの心を惹きつける効果があります。

よく赤ちゃんを使った広告を目にすると思いますが、これは警戒心を和らぐためです。

とくに、保険会社や金融系の広告などに活用されています。

赤ちゃんを広告でうまく活用したい方は以下の記事も参考にしてみてください。

動物「Beast」の心理的働き

動物は性別に関係なく、どの年齢層に対しても好感度が高く、優しい印象を与えることができます。

とくに、広告に効果がある動物は以下のような動物です。

  • うさぎ
  • カワウソ
  • ハリネズミ

これらの特徴をみると、家でも飼えるような身近で小動物であることがわかります。

このような動物を広告に使うことで、かなりの反響が期待できるのでぜひ活用してみてください。

「3Bの法則」が活用されている事例

江波戸

次に、「3Bの法則」が活用されている事例を紹介します。

美人「Beauty」

これは「パンテーン」のCM広告です。

ロングヘアが印象的で髪の美しい女優でありモデルの「綾瀬はるか」さんを広告で抜擢することにより、女性は「綾瀬はるか」という「美人」の憧れから、「パンテーン」が魅力的な商品に感じるようになるのです。

赤ちゃん「Baby」

これは「Amazon プライム」のCM広告です。

このCMでは、「赤ちゃん」と「動物」の2つの「2B」が活用されていることから「3Bの法則」の広告効果が期待されていると考えられます。

その結果、このCM広告は実際に「2016年度企業別CM好感度TOP10」の「6位」にランクインしました。

動物「Beast」

これは「Y!mobile」のふてネコシリーズのCM広告です。

このCM広告は、シリーズ化されているほどです。

つまり、実際に効果があった広告だと言えるでしょう。

また、この猫に「ふてネコ」というキャラクターイメージを持たせることで、ブランディングしており、マーケティング要素も含まれているCMです。

「3Bの法則」はマンガでも活用されている

江波戸

実は、「3Bの法則」はマンガでも使われているんです!

例えば、サザエさんでは「タマ」という猫が使われていますよね。

これは「3Bの法則」のうちの動物「Beast」が使われています。

動物をマンガで使うことで、人間の本能に訴えかける働きがあるので、さりげなく使うのでも効果的です。

まとめ|「3Bの法則」を広告で使うことで、多くの人の目にとまりやすくなる

<画像>この記事のまとめ

さいごに、この記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 「3Bの法則」とは、美人「Beauty」、赤ちゃん「Baby」、動物「Beast」の3Bをブログや広告に取り入れることで、ユーザーの目に留まりやすくなり、好感を持ってもらいやすいという心理的法則
  • 「3Bの法則」と似ている心理効果で「ベビーフェイス効果」もある
  • 「3Bの法則」はマンガでも活用されている

アイキャッチやクリエイティブの画像を選ぶときに「3Bの法則」は役に立ちます。

そして、良い効果が期待できます。

あなたの身の回りでも「3Bの法則」はさまざまな場面で活用されているので、意識することで「こんなところでも使っているんだ!」という発見もできるでしょう。

ぜひこの心理的法則「3Bの法則」を活用してみてくださいね!